軽減税率、高年収ほど恩恵。消費税は低所得者に重い。

財務省は、消費税増税に伴う軽減税率の恩恵について、次のように発表しましたので、紹介します。

軽減税率、高年収ほど恩恵 中位世帯で年1万2千円

(以下、抜粋)

財務省は1日、消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率制度の家計への効果試算をまとめた。

負担軽減額は収入が多い世帯ほど大きくなり、全世帯を年収別の5グループに分けた場合の恩恵額は年約1万6千~約8千円、中位の3番目の世帯は約1万2千円となった。

民間試算と同様の傾向が表れ、野党は低所得者対策としての効果を疑問視している。

2018年の家計調査を基に、8%の軽減税率が適用される外食・酒類を除く飲食料品と、定期購読の新聞に対する支出総額を抽出して計算。1日の衆院財務金融委員会に提出した。

(以上)

年収が多いほど、消費も多いので、その分、恩恵も大きくなるということか。

消費税は、金持ちに優しく、低所得者には厳しい税金です。

例えば、年収300万円(手取り)の方は、収入のほとんどが生活費になります。すると、消費税10%なら、30万円です。(10%)

一方、年収800万円(手取り)の方も、生活費に300万円つかうとすれば、消費税10%で30万円です。収入にかかる消費税率は、30÷800=3.7%となります。

収入300万の方は10%、800万だと3.7%で、低所得者に重い税金が消費税です。

もっと、消費税反対の声を上げていく必要があると思います。

幸福実現党 小島一郎

関連記事

コメントをどうぞ