韓国の傍若無人な対応から始まる。

日韓問題が日々エスカレートています。

日韓問題は、既に賠償も終えて完全に解決しているはずなのに、徴用工の賠償を裁判にまでかけて蒸し返す。

更にはレーダー照射の問題。

嘘をつくのが当たり前の国の姿に驚きを禁じ得ないところがあります。

呆れている人も多いのではないでしょうか。

日本への甘えです。

以前、「日本は中国にもアメリカにも怒らないが、韓国に辱められると許さないところがある

「腰が引けて謝ってばかりの日本が毅然とスジを通す国家に立ち上がるキッカケを作るのは、韓国に我慢できなくなる時だ

と、言っていた方がいました。

その時は、「そうかもしれないな」くらいに思っていました。

最近は、「こんな人まで?!」というような人までが、韓国の日本への傍若無人ぶりに怒っている姿を見るようになりました。

日本人が国際正義に目を覚ますときが近いのかもしれません。

その時、韓国は後悔しても、「時すでに遅し」です。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ