本物に出会う研修。

1月28日に受けた研修がすごかった。

本物に出会う研修でした。

東京正心館の「信仰の法」公案~愛から始まる編~を鶴川館長の講師により受けました。

何が本物なのか。

まず、泣ける。なぜか、涙が出てくる「場」になっています。多くの方に体験してほしいです。

本物の信仰のすごさに感動しました。自分自身が愛され、生かされているか、感じると、自然と涙が溢れます。

体験しなければ、なかなか分からないものでもありますが、「神の愛」、「神様から愛されている」と、感じると、人間は無条件に感動し、涙が流れるものです。

大切な体験だと思います。

難病に苦しみ、医者にも見放され、最後、信仰一本ですべてを受け入れたとき、病状が劇的に回復し、今では最先端の分野で活躍されている方の、心のプロセスは圧巻でした。

研修は瞑想実修が多く、本物の自分と向き合い、本当の自分を感じることができます。

魂の兄弟との対話の瞑想では、自分自身と対話しながら、今世、生まれてきた意味を深く味わい、またまた、涙が流れました。

本物の自分と出会いながら、本物の信仰を感じ取り、感動と共に、エネルギーが湧いてくる研修です。

次は、2月4日(日)が、鶴川館長による研修ですので、おススメです。

私の支部からもたくさん参加していただきたいと思います。

素晴らしい研修をありがとうございました。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ