宣言の日。

幸福実現党は、2009年4月30日に、大川隆法幸福実現党総裁により、「幸福実現党宣言」が説かれたところから始まり、立党しました。

『幸福実現党宣言 -この国の未来をデザインする』に収められています。幸福実現党の原点ですので、党員になられた方には、全員にお読みいただきたい一書です。

立党趣旨を抜粋します。

本書には「幸福実現党宣言」という題を付けましたが、1848年にマルクスが出した『共産党宣言』の向こうを張ったつもりです。

『共産党宣言』のために、そのあと人類は150年以上も苦しんだのです。

結局、唯物論国家をつくる文明実験をされてしまったので、こちらは、「幸福実現党宣言」において、その正反対を目指したいのです。

「幸福実現党宣言」は、「神仏の存在を認め、正しい仏法真理を信じる人々の力を結集して、地上に、現実的ユートピアを建設する運動を起こす。そして、その政治運動を日本を起点として起こしつつも、万国の人々にもまた普及させていく。正しい意味での世界同時革命を起こすつもりである」という宣言です。

このように、「マルクスの逆をやるつもりである」ということであり、人類を不幸にする一切の政治的な勢力と決別し、対決し、審理を地上に根づかせて、その真理に基づいた国家運営、政治運営をなしたいと考えています。

マルクスの「共産党宣言」の向こうを張り、この地上からすべての不幸をなくすために作られました。北朝鮮や中国のように、共産主義国は唯物論で宗教をアヘンと考え、神の子、仏の子としての人権が著しく損害されています。

神様、仏様を信じ、神の子、仏の子としての人権と尊厳を大切にする国づくりを目指しています。

安い税金と小さな政府による、自助努力による繁栄の日本を目指してまいります。

毎月、30日を「幸福実現党宣言の日」として、立党の原点を振り返り、決意を新たにし、毎月の進捗を確認する日となります。

幸福実現党としての祈願も行います。『坂本龍馬幸福政治実現祈願』や『吉田松陰人生勝利祈願』など、素晴らしい祈願がたくさんあります。

宗教政党としての活動のリズムが作れます。

2018年1月30日からのスタートとなります。

末永く続いていくように、大切にしたいと思います。

党員の皆さま、ぜひ、最寄りの支部にご参加いただきたいと思います。

幸福実現党 小島一郎

関連記事

コメントをどうぞ