不法移民の聖域、アメリカ「サンクチュアリ・シティ」

先週に引き続き、『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(江崎道朗著)より、もう一つ紹介させていただきたいと思います。

アメリカには、「サンクチュアリ・シティ」(聖域の町)という言葉があります。

アメリカの保守系の人達が使っている言葉で、ほとんど日本でも知られていません。

「左翼活動家に牛耳られ、不法移民などによる不法行為が野放しになっている地方自治体」のことです。

極左活動家と犯罪者の温床になっていると言います。

この「サンクチュアリ・シティ」という言葉は、移民政策を語る上で重要なキー・ワードです。

不法移民が野放しになり、犯罪が放置され、アメリカ国民が脅かされているからです。

違法滞在していても、運転免許証まで取得できると言われています。

更に、「サンクチュアリ・シティ」を合法化する法律が準備されていて、「ルビオ・シューマー移民法案」と言います。

これは、リベラルの筆頭でオバマ政権の乗員のボスでもある、チャック・シューマー民主党上院議員と、共和党のマルコ・ルビオ上院議員が一緒に提出した移民法案です。

民主党でも共和党でも、3千万人はいると言われるメキシコ移民を不法でも受け入れて、合法化しようという流れができていました。(票になるからと言われています)

違法なメキシコ人に職を脅かされ、治安も脅かされ続けている、アメリカ国民(特に中流の労働者層)は、「何とかこの流れを変えたい」と本心から思っていたところに出てきたのが、トランプ大統領でした。

今、トランプ大統領が移民問題に取り組んでいるのは、不法移民を合法化しようとしていたオバマ政権に対して、正当な移民は受け入れるが、違法移民が職を奪い、治安を悪化するのは許さないとする、アメリカの民意の現れです。

マスコミは反対のことを報道していますが、トランプ大統領は以上のような民意を受けて当選しているという背景があります。

詳しくは、、『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(江崎道朗著)をお読みください。

幸福実現党 小島一郎

それにしても、今日は花粉がきつい。マスクが離せません。

(富士見市・光岡まゆみさん頑張れ!)

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメントをどうぞ