東トルキスタン(新疆ウイグル)の侵略劇。尖閣諸島に見る日本の未来。

今、尖閣問題で日本にはどのような危機が迫っているのか。それは、過去の歴史から学ぶことができます。チベットと並ぶ中国共産党の植民地として決して忘れてはならないのが東トルキスタン(新疆ウイグル)です。

少し長いですが、お読みください。

尖閣諸島を「核心的利益」としたということは、東トルキスタンと同等の扱いにするということです。

東トルキスタンは面積は166万平方kmで、リビアについで世界第18位。人口も2000万人弱に達し、世界第54位である(とはいってもその4割は中国人移民)。

かつてシルクロードの要衝であったこの国に対する日本人の関心は比較的高く、NHKなどでもさかん報道にされ、シルクロードに関する出版物は非常に多く、実際に観光で訪れる日本人も多い。これらのほとんどは中華人民共和国の一部として捉えられ、シルクロードと比べて東トルキスタンという国名はほとんど知られていません。

イスラム圏でもアフガニスタンやイラクやパレスチナに関するニュースは多いが、一方で東トルキスタンでは中国共産党植民地政府による報道規制が厳しく、自由な取材ができないという現実がります。

中央アジアのパレスチナとも言える東トルキスタンで何が起こっているのか、私たちは目を背けてはいけないと思います。

■中国共産党の東トルキスタン侵略
20世紀に入り、中華民国が混乱を極める中で、1933年に東トルキスタン・イスラム共和国が誕生しました。だがこの政権は約1年ほどの短命に終わっています。

第二次大戦の末期である1944年に再び東トルキスタン共和国が建国されました。面積は現在の新疆ウイグル自治区の半分に満たなかったが、しっかりとした行政組織と民主的な政権が維持されていました。

しかし1950年に中国共産党軍の侵略を受け、抵抗もむなしく占領されてしまいます。

1949年、中国全土を制圧した中国共産党勢力は東トルキスタンに迫ります。

そして、同年8月29日、北京へ向かった政府首脳を乗せた飛行機は、なぜか旧ソ連領上空で消息を絶ってしまいました。(共産党政府による陰謀説もある)

指導者を失って混乱した東トルキスタンには、人民解放軍が怒涛のようになだれ込みました。

1949年12月には、事実上東トルキスタンは中国共産党の支配下にはいることになりました。

以上、『7.5ウイグル虐殺の真実』 (イリハム・マハムティ著)を参考に加筆・変更。

この時期、アジア諸国では韓国、北朝鮮、インド、パキスタン、スリランカ、ミャンマー、インドネシア、カンボジアなど次々と独立国家が誕生していました。こうした時流に逆らうかのように東トルキスタンは帝国主義者に侵略され、併合されてしまいました。

1955年には新疆ウイグル自治区が設置されます。中国による侵略、そして植民地支配です。

そして、東トルキスタンは中国から何をされてきたか。

■核実験を自国内ではなく植民地で強行
実は中国本土内で核実験は一度も行われたことはありません。

中国共産党が行った核実験は全て東トルキスタンのロプノールで行われ、計45回に上ります。その放射能によって、19万4千人の方が命を落としたと言われています。129万人の方が被曝し、放射線障害などで苦しんでるとも言われています。

■現在の諸問題、資源強奪、大量移民、中国化政策、強制中絶
東トルキスタンは天然資源が豊富で、石油、天然ガスの埋蔵量は中国共産党実行支配地域の28%と33%を占めています。

東トルキスタンが中国に侵略されて資源を強奪されていなかったら、今頃サウジやUAEほどではないにしても、NIEsなみの経済発展を遂げていたででしょう。

資源を強奪する一方で大量の中国人(漢民族)を東トルキスタンに送り込み、今や中国人が人口の半数(約1000万人)に達する勢いです。

さらにウイグル人に対する強制中絶が行われています。一人っ子政策は中国人が多すぎるために人口抑制政策がとられていますが、東トルキスタンの非中国人人口は一千万人強で、それほど多いわけではありません。

しかもイスラム教徒にとって中絶はタブーであり、外国の侵略者によって強制的に中絶させられることはこのうえない屈辱になっています。

■現代でも続く過酷な拷問 
1997年2月に東トルキスタンのグルジャで大規模な反政府デモが行われました。中共は大規模な武装警察を動員して鎮圧した。アムネスティ・インターナショナルの報告によれば、このデモの前後で3,000から5,000人が逮捕されました。彼らのうち少なくとも190人が処刑され、生き残ったものにも、文明国では到底考えられないような残酷な拷問が行われました。

具体例をいくつかあげると、素手や道具で殴打する。喉に電気棒を突っ込む。逆さ釣りにする。火で焙る。猛犬に咬ませる。縛ったまま寒気激しい戸外に放置する。爪と指の間に針や削いだ竹を突き入れる。手足の爪を剥ぐ、など。

胸が痛みます。

■ラビア・カーディルさんへの迫害
 ラビア・カーディルさんは1948年、東トルキスタン北部のアルタイ生まれ。70年代後半以降、最初は生活のために洗濯、掃除、廃品回収などの底辺に従事し、その後は物々交換をしてさらに羊の皮やじゅうたんや布など様々な商品を売買し、さらには不動産や鉄鋼までをも扱うようになり、90年代半ばには中国十大富豪と言われるほどビジネスで大成功を収めるようになりました。

中国共産党は90年代前半、富も名声をも得ていた彼女を取り込み、ラビアさんは政界入り、全国政治協商会議の委員などを務めました。

1996年と97年、北京の人民大会堂で行われた政治協商会議で、彼女は不公平な中国の新彊統治、ウイグル族に対する人権状況を痛烈に批判。97年の演説から一ヵ月後、ラビアさんは全ての役職を解かれ、パスポートまで没収されます。

99年8月、アメリカ在住の夫に東トルキスタン独立運動に関する新聞切り抜きを郵送したのを口実に、国家機密を漏洩したとして「国家安全危害罪」で逮捕され、懲役8年の刑を言い渡されます。

公安はあえてラビアさんに直接暴力は振るわず、ラビアさんの前でウイグル人の青年に残酷な拷問を加えて殺害することによってラビアさんに多大なる苦痛を与えました。また、他の収容者と会話を交わすことは厳しく禁じられました。拷問こそ受けなかったものの、栄養不良、関節炎、その他の疾患に苦しみ続けました。

2004年9月、依然として収容中のラビアさんはノルウェーの財団からラフト人権賞を授与されます。そして欧米の人権団体の強い圧力により2005年3月、ラビアさんは釈放され、アメリカへ亡命。

現在でも5人の子供は東トルキスタンに残っており、中国共産党の監視下に置かれています。

ラビアさんは今自由の国アメリカで、東トルキスタン人権運動のリーダー的存在となっているが、2006年1月には車に乗車中にテロリストが運転する車に追突され負傷するなど、アメリカにおいても中国共産党のテロ襲撃の被害にあっています。

チベットよりもさらに知名度の低い東トルキスタンの人権状況。中国の情報統制によって、ほとんど世界には知らされていません。

4 Responses to “東トルキスタン(新疆ウイグル)の侵略劇。尖閣諸島に見る日本の未来。”

  1. LEMON

    この現実を、日本中の人、いや世界中の人に知ってもらいたい!!
    小島さんのブログを、たくさんの人達に読んでいただきたい!!
    なにか、いい方法はないものか?

    民主党は、もういりません!!

    返信
  2. LEMON

    この現実を、日本中の人達に知ってほしい。
    小島さんのブログをもっともっとたくさんの人達に読んでもらいたいです !!
    このような未来は、絶対にいやです!
    民主党では、危ないですね!!

    返信
  3. ミンツ

    ◆ 日本解放第二期工作要綱(にほんかいほうだいにきこうさくようこう)とは
    マスコミ工作、政治家工作、中国への親近感を与えながら日本を支配する方法が書かれている。
    中国共産党による対日工作活動が記されているとされる文書で、第一期から第三期まであるとされる

    基本戦略
    中国共産党による日本解放の当面の基本戦略は、日本の国力の全てを、
    中国共産党の支配下に置いて中国共産党による世界解放戦争に奉仕させること

    解放工作組の任務
    1.中華人民共和国との国交正常化(第1期解放工作)(=田中角栄内閣成立)
    2.民主連合政府の形成(第2期解放工作)(=小沢一郎※小池百合子による主張。文章発表当時の目標)
    3.日本人民民主共和国の樹立によって天皇を戦犯首謀者として処刑すること(第3期工作解放)

    今は、2番目です。
    「マスコミ工作、政治家工作、中国への親近感を与えながら日本を支配する」

    かなり危険です。日本国民を完全にバカにしてます。

    返信
  4. 『7・5ウイグル虐殺の真実―ウルムチで起こったことは日本でも起きる』 | 小島一郎 official web site 幸福実現党

    […] 私のブログでも「東トルキスタン(新疆ウイグル)の侵略劇。尖閣諸島に見る日本の未来。 」で、東トルキスタンの悲劇については詳しく紹介しました。 […]

    返信

コメントをどうぞ