書評

『ヒットの正体』→潜在ニーズの秘密。

『ヒットの正体』(山本康博著)を紹介したいと思います。 著者の山本康博氏は、伊藤園で「ギュッとしぼるレモン水」や「充実野菜」を開発。 リアルゴールドをビンからカンにチェンジして大ヒット。 JTでは「ルーツ」を開発して大ヒットを作った方。 そんな方が綴る「ヒットの正体」とは、ズバリ!「潜在ニーズ」です。 「潜在ニーズ」とは、「ぼんやり、何となく欲しいなあ」と思いながらも明確には意識していないけれども、実際に目の前に出されると、「そうそう、それが欲しかった!」と、飛び...
書評

「永遠の0」DVDで、再び感動。

『永遠の0 DVD』を観ました。 昨年末に公開してすぐに、息子と共に映画館で観ましたが、DVDが出たので、どうしても観たくなり、買いました。 長男も「永遠の0」は、また観たかったようで、一緒に観ました。 私は、小説も読み、映画館でも観ているので、全部、ネタも知っているのですが、それでも感動してウルウルしてしまいました。 私にも妻と3人の子供います。 深く考えさせられるものがありました。 『永遠の0』は、映画の構成、見せ方など、秀逸か...
書評

大川隆法総裁「忍耐の法」セミナーがオンエア。

先日のブログいよいよオンエア!、そして伊藤のぞみさんのブログ(猛女カフェ)憲法改正についてでも紹介しましたが、FM立川の猛女カフェで大川隆法総裁「忍耐の法」セミナーがオンエアされます。 2月15日(土)と22日(土)それぞれ8:00〜8:30の2回に分けてオンエアされます。 収録には、幸福の科学立川支部のHさんとN支部長も参加。実際にセミナーに参加した感想をコメントしてもらいました。 内容は、早くも本年のベストセラーになりつつある『忍耐の法』の講義です。...
書評

幸福の科学版「年頭教書」

国連安全保障理事会の討論会合で中韓北が日本を歴史認識で非難。 日本の教科書に尖閣、竹島の領土を明記すれば激しく非難。 安倍首相が靖国参拝すれば、まるで自分の国の事のような非難の嵐。 目に余るものがあります。 事実に反する「日本が悪い国」という歴史認識を、自国の悪事を棚上げしながら非難し続ける図々しい輩に対して、そろそろ、「正しさとは何か」を教えなければなりません。 同じような気持ちの方は多いのではないでしょうか。 2014年、世界の進むべき方向をバシッと指し示し...
書評

ショッキングな写真集。

『ひと目でわかる「戦前日本」の真実 1936-1945』(水間政憲著)は、いろいろな意味でショッキングでした。 帯に記されているように、「戦前暗黒史観」を覆すビジュアル解説です。 ふんだんな写真を使って戦前の日本での生活が描かれています。 驚くほどに、明るく、ファッショナブルで、前向きな戦前日本の姿があります。 百聞は一見にしかず。 ひと目でわかるので一目瞭然です。こんなにも明るいイメージは私自身持ってはいなかったので、正直言って驚きまし...
書評

自滅する中国。

メディアでの批判を始め、中国(韓国も)による日本への攻撃は厳しさを増すばかりです。 年末の安倍首相による靖国参拝は、アメリカからも批判されています。 日本が包囲されつつあるのでしょうか。 その時その時の状況はありますが、大きなトレンドとしては、中国が包囲され、自滅しつつあります。 2008年末のアメリカ発の世界金融危機で中国指導者はアメリカに勝てると勘違いしました。 さらに、2010年中国がGDP世界第2位になり、いよいよ、世界の覇権国家を目指す...
書評

韓国発「ジャパン・ディスカウント」運動。

日本の初代総理大臣を暗殺した国際テロリスト安重根記念館が、中国ハルビンに開設。まさに、伊藤博文が暗殺された地です。 アメリカではカリフォルニア州グレンデール市を始め、慰安婦像が次々と建てられようとしています。 世界の教科書の地図の「日本海」を「東海(トンへ)」と書き換える運動。 これらは、「ジャパン・ディスカウント」運動の一環です。 『呆韓論』(室谷克美著)から一部引用したいと思います。 朴クネ政権の反日攻勢と表裏一体の動きを見せているのが、VANK(ボランタリー...
書評

冴え渡る外交戦略。

『日本外交の盲点-外交評論家 岡崎久彦守護霊メッセージ』(大川隆法著)が発刊になります。 2014年1月3日に収録されて、緊急発刊されました。驚くべきスピードです。 岡崎久彦先生は、安倍外交の知恵袋です。 岡崎久彦先生の御著書『二十一世紀をいかに生き抜くか』では、「先の大戦では①日英同盟の破棄と、②パールハーバーを奇襲しアメリカ世論を激昂させたことが、日本の敗戦につながった。日英同盟を続け、ハルノートをアメリカ世論に公開して戦争に突入していれば、硫黄島で米兵が2万人...
書評

面接のキーワードは「忍耐」

成人式です。 新成人の皆さんには、心よりの祝福を申し上げます。 新成人以外の若者も、就職活動を見据えて将来を考えている人も多いのではないでしょうか。 聞くところによると、今年の就職面接で、企業側が重視しているのは「忍耐力」だそうです。 キーワードは、「忍耐」です。 就職しても、会社が合わないとすぐに辞めてしまう若者が多いため、忍耐力を重視しているようです。 備えあれば、憂なし。『忍耐の法 』(大川隆法著)がオススメです。 本物の成功の秘訣が満載です。 幸福...
書評

「反原発」の不都合な真実。

東京都知事選の候補者が出揃いつつあります。 その中でも台風の目になりつつあるのが、細川元首相の出馬です。 小泉純一郎氏と連携して、「脱原発」を争点にする情報もあります。 国家のエネルギー政策を地方選で論じるのもどうかと思いますが、さらに、元首相が二人組んで「脱原発」を打ち出すとは、日本を亡国へと追い込まんとする、黒い策略を感じます。 脱原発の根拠は既に失われているにも関わらず、国民の恐怖心を焚き付けることはやめていただきたい。 まずは、2012年...