記事

尖閣諸島の日本返還巡る米の録音記録

6月7日のNHKニュースWEBで「尖閣諸島の日本返還巡る米の録音記録」という記事があります。

沖縄県の尖閣諸島がアメリカから日本に返還される直前に、アメリカ・ホワイトハウスで交わされていた議論の録音記録が新たに見つかったという記事です。

日本にとって大切な内容ですので、以外、転載したいと思います。

(転載始め)

20130607-223027.jpg

沖縄県の尖閣諸島がアメリカから日本に返還される直前、アメリカ・ホワイトハウスで交わされていた議論の録音記録が新たに見つかりました。

日本への返還に反対する意見に対し、安全保障担当の大統領補佐官が反論する様子などが克明に記録されており、専門家は、返還に至る経緯を示す史料として注目しています。

尖閣諸島は、1972年5月、沖縄本島などとともにアメリカから日本へ返還されました。

今回見つかったのは、その前年の1971年6月、日米両政府が「沖縄返還協定」に調印する直前に、ホワイトハウスで行われた議論の録音記録で、早稲田大学の春名幹男客員教授が、アメリカの「ニクソン大統領図書館」で発見しました。

議論のメンバーは、ニクソン大統領と安全保障担当のキッシンジャー補佐官、国際経済担当のピーターソン補佐官の3人です。

議論ではまず、ピーターソン補佐官が「日本にとって尖閣諸島はそんなに重要なものなのか、最優先の重要事項と言えるのか」と、返還に反対する意見を表明します。

発言の背景にあったのが、当時、アメリカが中国の正統政府として外交関係を持っていた台湾の存在です。

アメリカは、台湾からの安い繊維製品の流入を食い止めようと、当時、輸出削減を求める貿易交渉を行っていました。

その台湾が、尖閣諸島を日本に返還しないよう求めていたのです。

補佐官は台湾を念頭に置いて、「大統領、繊維問題を解決するのは日本ではない、その周辺の国だ」と述べ、台湾の要求を受け入れれば、貿易交渉が進むと進言しました。

これに反論したのが、安全保障担当のキッシンジャー補佐官で、「尖閣諸島は日本に返されるべきものだ。返還しなければ日本が自分のものだと思っている島を、繊維を巡る交渉をまとめるために台湾に与えるように見られてしまう」と述べます。

さらに、尖閣諸島を含めた沖縄をアメリカの統治下に置くことを決めた1951年のサンフランシスコ平和条約に触れ、「条約に関して具体的な境界線を宣言したとき、われわれは尖閣諸島を含めたが、それに対し異議は出なかった。

その時点で話に決着はついている」と述べ、最終的にニクソン大統領も、この意見を取り入れました。

この議論の10日後の1971年6月17日、日米両政府は沖縄返還協定に調印し、尖閣諸島は沖縄本島などとともに日本に返還されることになりました。

日米外交史が専門で東洋英和女学院大学教授の増田弘さんは「尖閣諸島の返還に関して、キッシンジャー補佐官が、日本への返還に決定的な判断を下していた経緯を示す貴重な史料だ」と話しています。

※ゴシック、改行は手を加えました。
(転載終わり)

この録音記録は、尖閣問題において重要な証拠です。

アメリカで議論し、1951年サンフランシスコ平和条約にまで言及し、尖閣諸島は日本の領土と明確にしています。

日本人にとっては当たり前のことでも、証拠を示さないと分からない中国のような国には、知っておいてもらいたいものです。

更に、米中首脳会談の際に習近平主席が尖閣問題に触れた時には、オバマ大統領は、沖縄返還の時の状況を踏まえ、「尖閣諸島は日本の領土」と、明言して頂きたい。

私たち日本人は「自分の国は自分で守る」気概強く持たなくては、国を守れないことを自覚する時です。

幸福実現党 小島一郎

おすすめ情報
記事

竹島で迫る選択。

本日、2月22日は、竹島の日です。 サンフランシスコ講和条約が発効するまえ、韓国はアメリカに、 「韓国も対日戦勝国にしてほしい」 「竹島は韓国領の独島であると認めてほしい」 と、強く申し出ましたが、どちらもアメリカの公文書によって完全に拒絶されました。 この韓国の行動によってアメリカを含む国際社会は、 「サンフランシスコ講和条約に、日本が領有権を放棄すると明記された領土だけが、日本の帰属から離れるのであって、竹島は含まれていないから、今後も日本領である」 と確認し...
記事

「韓国総領事館前で学生が抗議行動」映像。

10月22日(月)朝8:00から、全国11ヶ所の韓国総領事館前で、幸福の科学学生メンバーが一斉に抗議行動を起こしました。私は釧路にいたため、現場には駆け付けられませんでしたが、北海道の学生から映像と写真が届きましたので、紹介します。 北海道の学生メンバーが、札幌にある韓国総領事館前で、抗議文を読み上げます。 YouTube映像でご覧ください。 ⇨ http://youtu.be/2ck7cX6vDHk 抗議文を一部紹介します。 大韓民国駐日本大使及び各領事殿 ...
記事

北方領土を見た。

幸福実現党角ケンジロー氏と共に、日本最東端の街、根室市へ行ってまいりました。その時の様子は、角ケンジローBlogもご覧ください。 釧路から根室へ。まっすぐな道をひたすら走りました。 道の駅から撮った風蓮湖。対岸の先はオホーツク海です。白鳥が普通に生活していました。 根室市に入ると、至る所に、北方領土返還の看板、文字があります。 根室支部に着くと、支部の開所を祝うお花が入口に飾られていました。おめでとうございます! 根室支庁前で角ケンジロー氏、熱弁。 私も、熱弁。領...
書評

韓国を永久に黙らせる100問100答。

韓国の日本に対する数々の非礼は目に余るものがあります。 反日カードを外交カードにできない韓国政治自体、低レベルで情けない政治と言えます。 憤慨している日本人は多いと思います。 そんな方に、日韓関係について分かりやすく書かれている書籍を紹介します。 黄文雄氏の『韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答 (WAC BUNKO 163)』です。 竹島問題、従軍慰安婦問題、歴史捏造問題、日韓併合等、韓国から不当に言いがかりをつけられている問題を、100問100答で一蹴...
記事

尖閣不法上陸と日本国民感情。

8月15日、平和を祈る終戦記念日に、尖閣諸島の魚釣島に不法上陸しました。 上陸した香港民間団体のメンバーは海上保安庁に逮捕されました。 日本の国内に不法侵入したのですから、野田政権は国家としての責任を持って、国内法で裁くべきです。当然です。 2010年に尖閣諸島沖で中国漁船と海上保安庁巡視船が衝突した時には、当時、菅政権は沖縄地検に責任を丸投げし、中国の圧力に屈する形で中国人船長を釈放しました。 今回こそは、国家としての責任を果たしてもらいたい。 野田首相は政治生命...
記事

「竹島は日本領」の理由。

昨日(松江)、今日(出雲)と、神話の国、島根県に出張してきました。(上の写真は宍道湖) 島根県は竹島を有し、韓国と国境を接しています。 韓国は竹島を実効支配して侵略し、不法占拠している状態が長く続いています。 しかし、誰が何と言おうとも、竹島は日本固有の領土です。 なぜか。 サンフランシスコ講和条約が発効するまえ、韓国はアメリカに、 「韓国も対日戦勝国にしてほしい」 「竹島は韓国領の独島であると認めてほしい」 と、強く申し出ましたが、どちらもアメリカの公文書に...
記事

石垣市議の尖閣諸島上陸に思う。国会議員は責任を果たせ。

1月3日午前9時半頃、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島に、同市議ら4人が上陸しました。 愛国心あふれる、勇気ある行動に頭が下がります。 県警は、島を管理する国の許可を得ずに上陸したとして軽犯罪法違反の疑いで4人から事情を聞く方針とのこと。 日本の固有の領土である尖閣諸島に上陸しただけで、同じ日本人であっても、軽犯罪法違反の疑いで事情を聴取されるというのが、今の日本の実態です。 一方、華人団体も3日の上陸を目指して尖閣諸島に向かっています。 中国から虎視眈々と狙われてい...
記事

中国の海洋覇権:今日の南沙諸島は明日の尖閣諸島。

7月24日(日)は、こうの一郎氏ブログにもありますように、 都内で開かれた、「ベトナム民主化支援デモ」に有志で参加しました。 幸福実現党では全国的に「菅直人首相退陣!原発は必要街宣&デモ」を行っておりましたので、 有志数名での参加になりました。 [caption id="attachment_3105" align="aligncenter" width="640" caption="ベトナム民族支援グループ会長、殿岡先生、そして私の順番で挨拶...
記事

南沙諸島を守れ!ベトナム民族支援活動。

[caption id="attachment_3099" align="aligncenter" width="350" caption="南シナ海の中国海軍"][/caption] 現在、ベトナム周辺海域の南シナ海には、中国海軍及び準海軍軍艦が大挙して進出し、 漁民は生業の漁業を阻まれ、操業を強行すれば中国監視船に拿捕され、高額の罰金が支払えないため、 中国の刑務所に長く投獄されています。 6月に「中国による領海侵犯に反発、ハノイの中国大使館前で数...