書評

韓国を永久に黙らせる100問100答。

韓国の日本に対する数々の非礼は目に余るものがあります。 反日カードを外交カードにできない韓国政治自体、低レベルで情けない政治と言えます。 憤慨している日本人は多いと思います。 そんな方に、日韓関係について分かりやすく書かれている書籍を紹介します。 黄文雄氏の『韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答 (WAC BUNKO 163)』です。 竹島問題、従軍慰安婦問題、歴史捏造問題、日韓併合等、韓国から不当に言いがかりをつけられている問題を、100問100答で一蹴...
記事

8月15日、欧米の植民地支配からアジア・アフリカを解放した英霊たちへ。

8月15日は終戦記念日です。 200万人以上の英霊たちが愛する祖国ー日本のために命を賭けて戦ったことに対して想いを馳せる日です。 中国や韓国では、日本の政治家や閣僚が、靖國神社に公式参拝することに反対しています。 内政干渉だ!と、突っぱねて、堂々と公式参拝する気概のある政治家はいないのでしょうか。閣僚はいないのでしょうか。 「日本の英霊たちが命を賭けて大東亜戦争を戦ったことによって、欧米列強の植民地支配に苦しんでいた、アジアやアフリカの国々が独立することになった」真実...
記事

日本とパラオ~歴史を越えた友情。

パラオという国をご存知ですか?私は友人に教えてもらいました。 日本人に聞いてもほとんどの人が知らない小さな国ですが、かつて日本が統治していた国です。 白人支配の時代とは異なり、しっかりと教育を施し、インフラを整備しましたので、パラオの人々に心から感謝され受け入れられていました。 このように国旗は敬愛する日本の日の丸にソックリです。 日本とパラオの、 歴史を越えた友情を描いた映像を紹介します。 日本の先人は、白人支配されていたパラオを開放したのだなと、胸打たれ、心が温...
記事

(つづき)首相が靖国参拝してどこが悪い!!②

本日、8月15日は66回目の終戦記念日です。 靖国神社に参拝し、日本のために命を賭して戦った英霊の御霊に、心よりの感謝と追悼の意を捧げます。 [caption id="attachment_3379" align="aligncenter" width="630" caption="2011年8月15日靖国神社。昇殿参拝の入り口にて。"][/caption] 幸福実現党ついき党首、黒川政調会長、やない出版局長、政調会スタッフの佐々木さんと共に、 ...
書評

首相が靖国参拝してどこが悪い!!①

明日は8月15日、終戦記念日です。終戦から66年が過ぎました。 大東亜戦争(太平洋戦争)で亡くなった英霊たちに心よりご冥福を祈ると共に、 日本の平和のために、決意を新たにする次第です。 民主党政権になってからは、首相は靖国参拝をする気などさらさらないためか、 あまり騒がれなくなりましたが、自民党政権時代は、毎年の話題でした。 そこで、新田均著『首相が靖国参拝してどこが悪い!!』を参考に、「靖国参拝」について考えてみたいと思います。 ...
書評

8.6広島平和記念日。広島への原爆投下は実験だった。

[caption id="attachment_3185" align="aligncenter" width="500" caption="宇都宮の総本山未来館で行われた「宗教立国実現!総決起大会」研修の様子。私も参加。"][/caption] 8月6日は、広島平和記念日です。1945年に広島に原爆が投下された日。 原爆死没者慰霊碑の石室前面には、「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と刻まれています。 主語のない曖昧な文章は、一体誰の...
記事

歴史を曲げるな!中国抗日教育の実態。(栃木県下野市の教科書採択)

[caption id="attachment_3073" align="aligncenter" width="480" caption="7月2日に抗日記念館にて。中はひどかった~。"][/caption] [caption id="attachment_3074" align="alignright" width="620" caption="小川さん、佐々木さん、藤川さんありがとう。"][/caption] 7月21日(木)の夕方5時半、石平先...
記事

教科書選択はあなた次第!(自虐史観教科書の実態)

6月23日(木)幸福実現TVはスペシャルで2つのテーマをお送りしました。 「教科書選択はあなた次第!自虐史観教科書の実態」は、 幸福実現党黒川白雲政調会長から、濃密に語っていただきました。 日本の自虐史観教科書は、日教組による左翼教育思想が凝縮されています。 日教組教育の闇に切り込みました。 日本人高校生は、アメリカ、中国、韓国の高校生と比べて、 「自分は価値がる人間だ」と思っている率が異常に低いことがグラフから分かりま...
記事

日本人の英雄・杉原千畝氏

旧ソ連地域の人たちは、親日であり、日本への強い憧れがあります。 とくに、第二次大戦後に世界の最貧国となり、 占領体制に置かれながらも、 短期間に驚異的な復興を遂げて、 経済大国に躍り出たことは、 共産体制の解体でボロボロになった旧ソ連・東欧諸国の 希望になっています。 旧ソ連地域の親日性を語る上で、「日本のシンドラー」と呼ばれる、 杉原千畝氏(すぎはらちうね)の名前を紹介したいと思います。 外交官だった杉原氏は、第二次大戦...
記事

坂の上の雲―日露戦争を世界はどう報じたか。その2

[caption id="attachment_1372" align="aligncenter" width="360" caption="日本に夜明けを!"][/caption] 先日、紹介しました「坂の上の雲―日露戦争を世界はどう報じたか」に 読者のKさん(もちろん、私ではありません)から、「良い記事に感謝!」と 感想と共に、追加で「ニューヨーク・サン紙の記事」と「ルーズベルトの手紙」を 送っていただきましたので、NHKドラマ「坂の上の雲」の日に...