記事

愛は憎しみを超えて。

今日は、「愛は憎しみを超えて。」をテーマに阪神支部でセミナー講師をしてきました。幸福の科学の中級セミナーです。憎しみを超えて人を許すことはできるのか、人生の重要なテーマです。 映画『ファイナル・ジャッジメント』バージョンで行ないました。ファイナル・ジャッジメントのテーマが「愛は憎しみを超えて」だからです。 信じる心ー信仰や人を信じる絆ーは、憎しみを超えることができるのか。 映画『ファイナル・ジャッジメント』では、祖国を失う中で描かれる人間ドラマによって、一人ひとりの心が...
記事

『ファイナル・ジャッジメント』キャストの感動。

映画『ファイナル・ジャッジメント』の早鐘望役(大切な役)として出演している水澤愛奏(みずさわあいか)さん(http://www.fj2012.com/)と一緒に埼玉本部の集会に参加して映画PRをしてきました。 早鐘望は、鷲尾正悟(主役)の後輩で妹的な存在です。仲間の中では、唯一信仰を持っている子という設定です。 早鐘望はオウラン国の全体主義政策によって両親を失い、深い挫折を味わいますが、最後の最後に鷲尾正悟の言葉のチカラに希望を見出すことになります。 心のチカラによって...
記事

『ファイナルジャッジメント』PR映像できました!

映画『ファイナル・ジャッジメント』の特別PR映像ができました。 このような日本にしてはならないと、PR映像を見る度に思います。 しかし、今の日本政府の国防に対する体たらくぶりで日本の未来は大丈夫でしょうか? この映像を見ると、劇場で『ファイナル・ジャッジメント』を観て確かめたくなります。 日本人全員に観ていただきたい映画です。 劇場は公式サイトhttp://www.fj2012.com/mobile/をご覧ください。 小島一郎...
ラジオ

【ポッドキャスト】映画『ファイナル・ジャッジメント』を語る。(ゲスト:小田正鏡総合プロデューサー)FMたちかわ「明日への羅針盤」vol.10

(映画FJロケに参加した時の写真) 映画『ファイナル・ジャッジメント』の小田正鏡総合プロデューサーと、挿入歌を歌うJUNさんをゲストに放送したものがポッドキャストになりました。12/14発売の『希望の鐘が響くとき』は、ニュースタープロダクションJUNオフィシャルサイトhttp://ameblo.jp/jun-nsp/で聴くことができます。途中、JUNちゃんのアカペラソングを披露しています。実力あるな〜と感心しました。映画『ファイナル・ジャッジメント』の魅力を語って頂きました。...
記事

映画『ファイナル・ジャッジメント』キックオフ大会

4月8日(日)青森県、岩手県、秋田県のメンバーが東北田沢湖正心館に集まって、映画『ファイナル・ジャッジメント』キックオフ大会を開催。私はゲストとして、映画『ファイナル・ジャッジメント』の魅力についてお話してきました。 劇場でかかり始めた劇場予告(こちら⇒http://www.fj2012.com/)は、期待感を一気に高めます。 実写で日本が多国の植民地になる姿を観ると、実にリアルです。 近未来予言映画として、今のままであれば、日本の未来はどうなるかを描いています。 ...
記事

仙台・日本再建記念館でファイナル・ジャッジメント!

先代にある、日本再建記念館に、南東北本部(宮城県、福島県、山形県)のメンバーが映画『ファイナル・ジャッジメント』キックオフのために集いました。 ものすごい元気な皆さんと共に、笑いと感動を分かち合いました。映画『ファイナル・ジャッジメント』をたくさんの人々に観てもらい、日本の未来を変えていこう!と、決意を新たにしました。 今年の夏に落慶を予定している、仙台正心館建立予定地をチラッと見てきました。1,000人以上収容する礼拝堂を有する、大きな精舎です。まさに工事中です。屋根が...
記事

九州学生とファイナル・ジャッジメント

ポスターができました! 大分県湯布院正心館で開催された、九州本部学生部合宿に参加。 夜の映画『ファイナル・ジャッジメント』&『神秘の法』企画に呼ばれ、話してきました。 約100人の九州熱烈学生たちと、日本が置かれている状況、映画2作品の内容、学生たちが切り拓く未来について、語りました。 学生たちの純粋な心、素直さ、情熱に私が感動してしまいました。 私自身、たくさんの先輩方から期待され、未来を託され、育てていただきました。 これからは、学生や若者たちに、その恩返しを...
記事

上越でファイナル・ジャッジメント。

本日は、上越支部で映画『ファイナル・ジャッジメント』、映画『神秘の法』についてお話してきました。 上越新幹線で越後湯沢へ。一面の雪でした。そこからさらに、ほくほく線で直江津駅へ。 春到来というような、快晴で暖かな日和で迎えられました。 後ほど出てきますが、上越支部について食事を済ませると、セミナーの後の出し物のリハーサル。話の成り行き上、私が七福神の毘沙門天(上杉謙信公)を務めることに。ひたすらリハーサル。私自身が話す内容についての打ち合わせは何もできず^^;ギリギリに...
記事

私も、感動しました。

先日、2011年の日本アカデミー賞作品に、『八日目の蝉』が選ばれました。 各賞をほぼ総ナメにしての受賞でした。 『八日目の蝉』は、最近観た映画の中では、一番感動し、考えさせられた作品でした。 誘拐犯に育てられる子供という、有り得ない設定によって、1分、1秒を惜しんで子供を愛する姿から、「愛とは何か」を問いかけてきます。子供を持つ親ならば、泣ける映画です。 予告映像です。⇨http://www.youtube.com/watch?v=H0nPFQ54QvM&featu...
記事

2012年24人目の焼身自殺。

中国によるチベットへの悲惨な支配、侵略は続いています。 チベット自治区はもともと独立国家でした。約60年前に突然、中国に侵略され、虐殺の限りを尽くされました。人民解放軍に虐殺されたチベット人は120万人以上と言われています。 詳細は、『中国はいかにチベットを侵略したか」を是非お読みください。 チベットは中国に侵略されて60年以上経った今も、弾圧と不自由の中にあります。 そして、今年に入って24人目の焼身自殺。初めての一般女性でした。自分自身で自らの身体を燃やして自...