記事

なるほど!「社会主義的な計画主義は誤りだ!」(ハイエク)

今週も火曜日は池田信夫先生のアゴラ連続セミナーに参加。 本日は第6回目。ハイエク「市民社会と個人主義」でした。 大変わかりやすく、池田信夫先生の守備範囲の広さに感激しました。 私の理解した範囲で、セミナーの一部を紹介したいと思います。 レーガンやサッチャーがハイエクの自由主義の経済政策を用いたことで有名です。 規制緩和や小さな政府、減税の路線です。 私たち幸福実現党の経済政策も同じ路線になります。 レーガン、サッチャーによって自由...
記事

子供手当てで消費税14%!?民主党「マニュフェスト詐欺」に騙されるな!

[caption id="attachment_1822" align="alignleft" width="224" caption="今朝の小岩駅。雪まじりの中、「マニュフェスト詐欺」について訴えました。許せません!"][/caption] 本日(2011年2月8日)の産経新聞で 【消費税に限界論、年金も子供手当もなんでも消費税で解決…ってホント?】 と言う記事がありました。 (記事の転載始め) 民主党がマニフェスト(政権公約)施策で掲げた子...
記事

なるほど!「イノベーションと創造的破壊」

2週間ぶりに、池田信夫先生のアゴラ経済セミナー第5回「経済問題を古典で読む」に参加しました。 本日は、シュンペーター。「イノベーションと創造的破壊」 イノベーションによる景気回復、経済成長が支持され、グーグルで検索すると、 シュンペーター1720万件。ケインズ1080万件。シュンペーターが優勢。両方ともすごいが。 資本主義とは自然淘汰による進化。(フムフム……) イノベーションの効果は長期的になります。(なるほど…) 蒸気機関から電気の...
記事

日本の若者の失業率はエジプトより悪い!

日本の若者の就職が危機的状況にあります。 以下、2011年1月28日 時事通信 【若年層の失業率悪化=10年-フリーターも増加の恐れ】 を紹介します。 (転載始め) 総務省が28日発表した労働力調査によると、2010年平均の年齢層別完全失業率で大半が改善か横ばいとなる中、 15~24歳の若年層は前年比0.3ポイント上昇の9.4%となり、悪化が際立った。 長引く不況による新卒者の就職率低下が影響しており、失業者に加え、10年以降はアルバ...
記事

日本の農業危機!バラマキ政策を止め、農業企業家をバックアップ!

[caption id="attachment_1677" align="alignleft" width="300" caption="1粒5万円のイチゴ。美人姫。おいしそ~"][/caption] 農業生産出額は8兆円あまりで、2000年(9兆円強)から15%減少。 農業人口は20年間で半減(482万人→261万人)。 耕作放棄地550万ヘクタールは埼玉県を上回る広さです。 つまり、土地は余っています。 農業の平均年齢は約66歳。 コメの価...
記事

日本人の英雄・杉原千畝氏

旧ソ連地域の人たちは、親日であり、日本への強い憧れがあります。 とくに、第二次大戦後に世界の最貧国となり、 占領体制に置かれながらも、 短期間に驚異的な復興を遂げて、 経済大国に躍り出たことは、 共産体制の解体でボロボロになった旧ソ連・東欧諸国の 希望になっています。 旧ソ連地域の親日性を語る上で、「日本のシンドラー」と呼ばれる、 杉原千畝氏(すぎはらちうね)の名前を紹介したいと思います。 外交官だった杉原氏は、第二次大戦...
記事

バラマキ子供手当で増税するなら、リニア新幹線の前倒しで好景気を!

中国・上海で超高速リニア新幹線が営業運転をしています。 中国に先を越されてしまいました。 私も今年、上海に出張に時に、上海のリニアに乗りました。 なめらかな滑り出し。静かに上がるスピード。飛ぶように、500㎞へ近づく。 この感動を日本で味わいたかった―。 リニア新幹線は、東京―名古屋間が予定より2年間遅れ2027年。 名古屋―大阪に関しては、2045年の開業。 遅すぎ! これは、政治家が責任持って、国家事業として取り組むべきこと...
記事

なるほど!「金融危機をマルクスで読む」

先週に引き続き、池田信夫先生のアゴラ経済セミナーに参加。 今週のテーマは、マルクスの『資本論』の解説から金融危機を読み解く。 池田「マルクスは労働価値説を否定していた」 私の心の声「何っ!?では、何を考えていたのか?」 池田「労働価値説を否定しているが、ハッキリと答えは出していません。 あちこちに散らばっているマルクスの文章を読み解くと、 相対的価値説=唯名論です。」 私の心「要は何なんだ?」 池田「要は、人間が価値を決める...
記事

アダム・スミスは「既得権益オヤジ」と戦っていた!

アゴラ連続セミナー 池田信夫「経済問題で古典を読む」に参加してきました。 本日は、「アダムスミス」。 タイトルは、『国富論』と啓蒙的個人でした。 目から鱗が落ちる、分かりやすいセミナーでした。 アダム・スミスの国富論では、主に 「重商主義」を批判したのだと。 「重商主義」とは、領主や王様に既得権を守られていた、 封建制を批判し、国内の「既得権オヤジ」(民主党と労働組合、日教組見たいなもの)たちから 「規制緩和」するこ...
記事

日本経済の輸出依存度は10.7%。日本は輸出依存国ではない!

「日本は資源のない貿易立国なので、資源を輸入して工業製品を輸出して成り立っている。 だから、円高になると大打撃を受ける。」と、 マスコミでは報道し続けています。 そうしているうちに、円高はドンドン進み、80円台へ。 いよいよ、輸出産業は大打撃を受け、不況は深刻化か! と、 マスコミは煽り立てます。 しかし現実は、消費者は、 円高還元セール、外国旅行が安い等、 さまざまな恩恵を受けているという感覚の方は多いのではないでしょうか。 ...