記事

ようやく、TPP大筋合意。

いいニュースが続きます。

ラグビー日本代表が2勝目!格上のサモアに完勝!押し切りました。おめでとうございます!

ノーベル生理学・医学賞を、大村智(さとし)・北里大特別栄誉教授が受賞。2年連続でノーベル賞に日本人の受賞が決まりました!

TPPに大筋合意に達しました。

大きなグッドニュースです。

幸福実現党は、自民党も民主党もTPPに反対したり、曖昧にして迷っていた時期2011年以前から「進めるべき」と、賛成しておりました。(→「TPPに踊らされる日本に思う。」)

アジアの軍事的な危機が高まる中、TPPは自由貿易の日米同盟と位置付け、経済面からアジア、環太平洋諸国と手をつなぐ外交戦略となります。(TPPによる貿易の8割は日本とアメリカ)

自由貿易経済圏を作ることで、中国のような共産主義国家に対して経済で牽制する力となるからです。

自由貿易を進めることは、消費者には利益になり、日本の景気に様々な形で貢献することなるでしょう。

TPPの推進を応援し続けてきた者として、今回の大筋合意は、大いに評価できると思います。

これからが楽しみです。

幸福実現党 小島一郎
IMG_1456
(写真は、霧に包まれる夜のスカイツリー。幻想的です)

おすすめ情報
記事

中国外交返しの時。

鳩山由紀夫元総理が中国へ行き、南京大虐殺についてお詫び外交をしました。先週は、公明党の山口代表が習近平中国共産党総書記と会談し、日本の連立与党の代表が朝貢外交をしている姿が世界に発信されました。 中国はさらに、村山富市元首相や加藤紘一元自民党議員を今月28日〜31日の間に招いています。 2人とも媚中派で自虐史観の持ち主です。中国に行けば日本の国益を損なう発言をすることがほぼ間違いありません。元議員でも中国に有利な発言をする人物を中国に呼んで、中国の国益に利用しています。 ...
記事

韓国、情けない。

韓国の李明博大統領の竹島上陸は、 3年前から準備していたと、報道されています。 日本の反応も予想していたとも、発言しています。 さらに、「日本の国際的影響力は落ちた」とも、、、。 8/15には、日本に向け、謝罪要求演説をするとも発言しています。 そして、韓国の大統領選については、竹島に上陸するかどうかということばかりが争点になっているようです。 「韓国よ、実に、情けない!」と、言いたい。 アジアの国際政治においては、海洋進出を目論む対中国戦略が最も大切です。 冷...
記事

金正日死去、現地の反応。

金正日死去から、後継者の金正恩氏の動向から目を離せない状況が続いています。 実際にはどうなのか。北朝鮮と国境を接している地域(吉林省延吉市)の方に聞いてみました。 北朝鮮と国境を境にしている、吉林省延吉市は北朝鮮人民との交流が普通に行われている地域です。 ●金正日氏は病気なのは皆よく知っている。長くはないと噂は流れていた。 ●金正日氏の突然の死去は冷静に受け止めていた。「やっぱりな」といった感じ。 ●北朝鮮人民は誰も悲しんではいない。 ●金正恩氏の動向についても、...
記事

トルコ東部地震への救援は最大限の感謝を形に。

トルコ東部ワン近郊で10月23日にあったマグニチュード(M)7.2の地震で、被災地を視察したシャヒン内相は24日未明、少なくとも200人が死亡、1千人が負傷したと明らかにしました。 崩壊した建物の下敷きになっている住民もおり、犠牲者はさらに増える見通しと報道されています。 そのような中で、日本のNGO団体が、「トルコに恩返しを!」と、いち早く救援に立ち上がっています。 読売新聞の記事「トルコに恩返しを…NGOスタッフが被災地へ」を紹介します。 (転載始め) ...
記事

プーチン新ロシア大統領で世界はどうなるか。

ロシアでは来年3月の大統領選にプーチン首相が正式に立候補することを、 統一ロシアの党大会で表明しました。 メドベージェフ大統領は首相として交代することになります。 元々、来年は8割以上の確率で、プーチンが大統領になるだろうとは言われてはいましたが、 各新聞の一面で報じていますので、ロシアについて考えてみたいと思います。 ①これまでのロシア   元々、プーチンは2000年に大統領に就任して以来ロシアを大国として復活させるために4年間を...
書評

アメリカの目から見た日本。(ケビン・メア氏について)

たまたまご縁を頂いて、『決断できない日本』(文春新書)の著者ケビン・メア氏とお会いすることができました。 ある番組にメア氏が出演することになり、スタジオで収録を立ち会いました。 ケビン・メア氏の『決断できない日本』を読んで感じたことは、世間で騒がれている内容(ゆすり、たかり発言)については全くのデマだったということにはビックリすると共に、 ケビン・メア氏は、日本好きで大の日本理解者であることがよくわかりました。 番組が始まる前の少しの時間し...
記事

トルコから和歌山へ―121年分の恩返し。

日刊スポーツの「トルコから和歌山へ 121年分の恩返し」記事を紹介したいと思います。 すがすがしい気持ちになります。 (転載始め) 121年前の恩返しが、和歌山県の復興を後押しする。 1890年(明23)に同県串本町沖でトルコ船「エルトゥールル」が沈没し、地元住民に救助されて以来、トルコは日本との友好関係を継続。 台風12号による紀伊半島豪雨を受け、都内のトルコ寺院を救援物資の集積所として提供している。 トルコ大使館は、今後の人的・物的支援...
記事

リビア反体制派、再組閣へ : リビア革命ウォッチ

8月9日産経の記事に「リビア反体制派、再組閣へ 軍司令官殺害で」というものがありますので、紹介します。 (転載始め) リビア反体制派「国民評議会」の報道官は8日、同評議会のオベイディ軍最高司令官が7月に射殺された事件をめぐり、アブドルジャリル議長が評議会の内閣に当たる幹部らを更迭したと明らかにした。フランス公共ラジオなどが伝えた。 対外関係を担当し、暫定首相への指名が決まっているジェブリル氏が残留し「再組閣」を進める。 オベイディ氏の殺...
記事

中国の海洋覇権:今日の南沙諸島は明日の尖閣諸島。

7月24日(日)は、こうの一郎氏ブログにもありますように、 都内で開かれた、「ベトナム民主化支援デモ」に有志で参加しました。 幸福実現党では全国的に「菅直人首相退陣!原発は必要街宣&デモ」を行っておりましたので、 有志数名での参加になりました。 [caption id="attachment_3105" align="aligncenter" width="640" caption="ベトナム民族支援グループ会長、殿岡先生、そして私の順番で挨拶...