記事

ナメられるな!

中国の人民解放軍が海上自衛隊のヘリと艦船にレーダー照射(ロックオン)をしたことが世界的なニュースになっています。 国際常識的に、レーダー照射(ロックオン)するということは、戦闘状態であり、交戦している状態です。 元航空自衛官の方からこのような話を聞きました。 中国の人民解放軍は以前にも自衛隊機にロックオンをしてからかうことがあったそうです。 ある時、人民解放軍が艦船から自衛隊の航空機だと思い込んで、ロックオンをしたところ、ロックオンを仕返してきて反撃体制に入ってきたので...
記事

血の犠牲に報いる。

アルジェリア人質事件で、多くの犠牲者が出ました。主な国の犠牲者数は、日本人、10名、フィリピン人7名、アメリカ人、3名、イギリス人3名(1/25時点)です。 罪のない尊い命がテロの犠牲になりました。犠牲になった方々のご冥福をお祈り致します。 ニュースでは街の声を取材しています。「怖い」、「ご家族が気の毒だ」、「情報が分かりづらい」、等、様々です。 しかし、犠牲になった方々やそのご家族の悔しさ、哀しさに報いるためにも、ここで考えなければならないことは、テロの犠牲者を出さな...
記事

民主党の次なる危険政党。

民主党政権では、鳩山由紀夫首相の外交音痴によって日米同盟に深い溝ができ、日本に中国からの外交・国防危機をもたらしました。 先日、鳩山幸雄元首相は、中国に招かれ南京大虐殺について非公式にお詫びをするなど、相変わらず日本の国益を失う活動を精力的に行っています。 公明党の山口代表は、香港テレビで「尖閣諸島を棚上げ論」を発言し、日本政府と異なる見解を表明しました。 公明党山口代表は、政権与党に入る政党として、自らの発言が外交上どのような影響を及ぼすか分かっていない点、かつての民...
記事

衆院選前のラストメッセージと政見放送

大倉山ジャンプ場から見た、札幌市内。 いよいよ、明日は公示日。北海道から大きく羽ばたきたいと思います。 政見放送の収録も、無事、終了。初めてなので緊張しましたが、一発OKでした。 応援してくださっている仲間のこと、そして、北海道の皆様を思い浮かべて心を込めてお話ししました。 ブログは今日で最後になりますので、少し長くなりますが、内容を簡単に紹介したいと思います。 民主党政権は、国民に嘘をついて消費税を増税しました。その経済不況の危機。鳩山政権では日米同盟の亀裂が...
記事

核武装で意気投合!そして、泊原発再稼働デモへ!

昨日、12/1は、朝から企業の朝礼に出席。午後はマイナス3度の中、地域の皆様方の心戸別訪問をさせていただきました。 支持者の方の紹介で、企業訪問をした時のことです。 映画「ファイナルジャッジメント」 、 「神秘の法」の紹介をいたしました。特に、 映画「神秘の法」がアメリカ(ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ハワイ)、韓国、台湾、中国(香港)、オーストラリア等、海外で同時期に公開され、海外で認められてきている事をお話しすると、皆さん大変驚き、興味関心を示されます...
記事

尖閣不法上陸と日本国民感情。

8月15日、平和を祈る終戦記念日に、尖閣諸島の魚釣島に不法上陸しました。 上陸した香港民間団体のメンバーは海上保安庁に逮捕されました。 日本の国内に不法侵入したのですから、野田政権は国家としての責任を持って、国内法で裁くべきです。当然です。 2010年に尖閣諸島沖で中国漁船と海上保安庁巡視船が衝突した時には、当時、菅政権は沖縄地検に責任を丸投げし、中国の圧力に屈する形で中国人船長を釈放しました。 今回こそは、国家としての責任を果たしてもらいたい。 野田首相は政治生命...
記事

竹島、消費増税、亡国ラッシュ。

韓国の委明博大統領が竹島に上陸しました。韓国の大統領としては初めてのことです。 韓国から見れば、「日本はどうせ何もできない」と思い、舐め切っているのでしょう。 実際に防衛大臣の呆れた失言。 消費増税法案の成立しか頭にない民主党野田政権。 もし、仮にアメリカに対して韓国は同じことをするでしょうか。(そもそも、アメリカならば実効支配などされないでしょうが) 韓国がアメリカ領の島を実効支配したり不法に大統領が上陸することは、絶対にありません。アメリカだったらきっちり制裁す...
記事

8月6日広島原爆投下に思う。

本日は、広島の原爆記念日です。アメリカ軍による原爆投下による、10万人におよぶ大量無差別虐殺から、67年になります。 67年前に原爆の犠牲になった方々に対して、ご冥福をお祈り致します。 そして、原爆の犠牲払った世界で唯一の国である日本が、今後、世界の平和のために力を尽くす使命があると、改めて感じる次第です。 しかし、現実の日本は憲法9条によって平和だと、勘違いしているところがあります。左翼活動家や左寄りのマスコミが日本に作ってきた空気です。 実際は、日米同盟による、ア...
記事

オスプレイ。救急車の譬え。

アメリカ製ヘリコプター「オスプレイ」の配備について、ヒステリックな程に騒がれています。一部、左翼活動家が日をおこし、マスコミが煽り立てる構図は、脱原発運動とよく似ています。 軍用ヘリというと、私たちの生活には馴染みがないからか、あまりピンときませんので、譬えで考えてみたいと思います。 例① A県M町は大きな病院までの距離が遠くて有名でした。119番された時に出動する救急車は旧式で、M町から病院に搬送するのに1回は給油が必要で、最高速度が40キロしか出ないため、いつも時...
記事

独立国家か植民地かの選択。

世界ウイグル人会議の第4回代表大会に出席した国会議員に対して、中国大使館は抗議文を送りました。 日本政府は抗議文に対して、「内政干渉だ」と、突っぱねるべきです。 尖閣諸島を核心的利益と位置付けている中国。野田首相と胡錦濤国家主席との個別会談を見送りました。会談もカードにする、中国の外交はしたたかです。 一方、鳩山由紀夫元首相は、沖縄返還40周年を期に沖縄を訪れ、「本心は普天間基地は最低でも県外移設だと思っている」と発言して、地元沖縄県民に詫びました。 外交オンチのきわ...