記事

これはすごい!北京公衆トイレ事情

南鑼鼓巷 (ナンルオグーシャン) の街並み。オシャレなお店が多い。気に入りました。

7月1日中国共産党立党90周年に合わせて北京に視察に行ってまいりました。

2日目の午後、時間が空いたため、

若者に大人気のストリート南鑼鼓巷 (ナンルオグーシャン)を歩きました。

オシャレなお店が多く、活気づいていました。

ストリートの回りには、北京の昔ながらの街並みが広がります。

けっこう綺麗な家。車を持っている家なのでそれなりのレベルなのかとは思いますが、

なぜか、各家にはトイレがないらしく、150m間隔くらいで公衆トイレがありました。

(今回のブログは写真が多いので、メールで届いている方もぜひHPをご覧ください(^v^))

最初に出会ったトイレ。綺麗な無料トイレだが、扉も仕切りもない・・・

最初に出会ったトイレ。扉がなく、入口から撮りました。

まだ新しくて、壁も床も綺麗なのに、便器には扉も仕切りもありません。

左には、洋式便器もありますが、入口と向き合う形で扉がない。

通訳をしてくれた女性に聞くと、女性トイレも同じだと言います。

近所の方々はみんなここでするのか。朝はトイレでご挨拶。

お尻も丸出しで風通しのいい近所づきあいだなあと思いました。

朝からどんな会話をトイレで座りながらするのだろうか…と、想像してしまいました。

男性用。立つと通行人の顔が見えます(^_^;)

男性用の小便器です。立つと外の通行人が見えます。これも風通しバツグン。

トイレの近くにはこんなオシャレなお店が。

誤解のないように改めて 南鑼鼓巷 (ナンルオグーシャン)のお店です。

先ほどのトイレの近くには、このようなオシャレなお店がたくさんあります。

カルチャーは怖いですね。

隣の便器との仕切りのあるトイレも。写真では見えませんが、立つと隣は丸見え。紙はなし。
こんなトイレも。個室になっていますが、扉はビニール。

ストリートを少し外れたところを歩いていると、様々なトイレが出てきます。

トイレコレクション。

上の写真は、それぞれが個室形式にはなっていますが、扉はビニール。

近づけば、中は見える。人が入っていたら、こっちが恥ずかしくなります。

大通りに面して、観光客の多い通りのトイレには扉のある個室になっていました。

最後に、大通りに面した、観光客の多い通りのトイレに入ると、しっかり扉がありました。

ホッと一安心です。海外との文化が混ざり合うと、変わっていくことを確認しました。

北京なので、綺麗なトイレばかりでした。文化の違いはすごいものがあると実感したひとときでした。

南鑼鼓巷 (ナンルオグーシャン)のカフェ。綺麗な街並みでよかったです。

北京の南鑼鼓巷 (ナンルオグーシャン)はお勧めのスポットです。

このようなオシャレなお店が並ぶストリートを一歩外れると、

中国ならではのトイレが並んでいました。

繊細な日本人にはちょっと耐えられないものがあります。

今日は、ホッとブレイクでした。

小島一郎

おすすめ情報
記事

中国一人っ子政策の真相(北京レポート2011)

2011年6月2日に、「米議員、中国の一人っ子政策非難 「大量虐殺」と指摘」という記事があります。 中国の1人っ子政策について、「人権侵害だ」と批判する記事です。 (転載始め)  【ワシントン共同】中国の人権問題に対して強硬派として知られるクリス・スミス米下院議員(共和党)が1日、米議会内で記者会見し、 1夫婦の子を原則1人に制限する中国の「一人っ子政策」が原因で、強制的な女児の人工中絶が多数行われている と述べ、「大量虐殺だ」として、中国政府を...
記事

北京レポート(2011.7.5)

北京に出張してきました。 7月1日の共産党90周年記念日に合わせて行きました。 TVでは大げさに放映しているのと対照的に、北京はたまに「90」と花で書かれている飾りがあるくらいで、 そんなに関心がある感じではありませんでした。 一見、平和で自由な雰囲気な中国ですが、 日本との決定的な違いは、路上でチラシを配布したり、何か訴えている人はどこにもいないということ。 天安門広場にも行きました。 平和でした。が、どこに入るにも必ず空港...
記事

「中国ジャスミン革命」の実情(北京より)

中国「ジャスミン革命」は厳戒体制をしかれて抑えられている というニュースが新聞を賑わせています。 中国では今、全人代2011期間中なのと、 中国全土で集会が呼び掛けられたため、 北京の王府井(ワンフーチン)では外国人記者のパスポートチェックなど、 中国30ヶ所以上で厳戒体制が敷かれて、より一層厳しさが増しています。 中国に在住している私の友人に状況を聞いてみました。 まず、ネイティブの中国人にはリビアの情報はほとんど入ってこない。...
記事

中国に自由の平和を。北京レポート(その4)

昨日に引き続き、北京レポートを紹介したい。 中国という国ほど支配されることに従順な国民も珍しい。 基本的には国は人民に無関心であり、人民も国に無関心だ。 それは、おおよそ、現在の政府が成立するまで2000年以上にわたり 歴代王朝によって引き継がれてきた「郡県制」という政治制度に 一因があるといっていいかもしれない。 江戸時代までの日本は、将軍をはじめとする権力者が大名に領土を与え、 領内の政治を行わせていた「封建体制」である。 ...
記事

中国人は番号管理好き!?北京レポート(その3)

久しぶりに北京レポートを紹介します。 中国人は数字が好きな民族だ。 これには様々な見方があるが、街中に数字があふれている。 地下鉄で1号線、2号線といった表記をするのはよくある話しだが、 バスの路線もすべて数字で表される。 だから、慣れないと、どこに行くバスなのか皆目見当がつかない。 ちなみに、中国では数字で縁起をかつぐため、数字の中身には敏感だ。 一番縁起のいい数字は「8」。 中国語での8の発音が、「お金を稼ぐ」、という意味の...