記事

許し難し!「南京大虐殺・ユネスコ記憶遺産」断固たる対応を。

ユネスコ記憶遺産へ新たに「南京大虐殺」が登録されました。

幸福実現党では、「中国による「南京大虐殺」資料のユネスコ記憶遺産登録に抗議する」として声明を発表しました。

過去、我が党は、20万筆近い署名を集めて反対運動をし、4回に渡って100名近い有識者の賛同を得て、反対文書を提出してきました。

理由は、事実無根だからです。

中国が提出している資料も極めて稚拙で、資料としての正当性はないことを文書で提出しております。

それでもなお、記憶遺産として認めるというのは、何か、「政治的なもの」が背景にあるとしか思えません。

断固、抗議し、行動に移すべきです。

ユネスコ記憶遺産についての外務省談話」を紹介します。

1  本10日(現地時間9日),ユネスコが記憶遺産の新規登録について発表し,日本ユネスコ国内委員会が申請していた「東寺百合文書」及び京都府舞鶴市が申請している「舞鶴への生還」が登録されました。誠に喜ばしいことであり,関係者の皆様と共にこの決定を歓迎し,祝意を表したいと思います。

2  一方,中国の関係機関によって申請された「南京事件」に関係する文書についても登録が発表されました。当該申請案件は,例えば,日中両国の歴史共同研究でも示されてもいるように,日中間で見解の相違があることが明らかなものです。それにもかかわらず本件は,中国の一方的な主張に基づき申請されたものであり,当該文書は完全性や真正性に問題があることは明らかであると考えます。日本政府が,これらの基本的な考え方について随時申入れを行ってきたにもかかわらず,当該案件が記憶遺産として登録されたことは,中立・公平であるべき国際機関として問題であり,極めて遺憾です。

3  記憶遺産事業は,文書遺産の保護やアクセスの確保等を目的として,当該基準を満たした文書等を登録するユネスコの事業です。この重要なユネスコの事業が,政治利用されることがないよう,我が国は責任あるユネスコ加盟国として,然るべく本件事業の制度改革を求めていく所存です。(赤文字は、筆者による)

「遺憾」と言って、こちょこちょ動いているのでは、何も変わりません。

日本政府は、「ユネスコ側が今回の記憶遺産を撤回しないのであるならば、ユネスコへの分担金(2014年は約37億1800万円。その他ユネスコ関係予算は約54億円。分担金は日本が1位)を停止する」という条件で、断固、抗議するべきです。

アメリカはすでに分担金の支払いを停止しています。

その際、第一段階として、今、この瞬間に本年の出資金を25%減額を実行するべきです。パーセンテージに根拠があるわけではありません。

要は、インパクトと実行。

「日本は今回は本気だ」と、分からせることです。

合わせて、「南京大虐殺が捏造である」ことを資料で徹底的に、英語で世界に示すべきです。

そのためにも、「河野談話・村山談話」は白紙撤回しなければなりません。

これを機に、一気に撤回してしまってはどうでしょうか。日本人の賛同は得やすいタイミングです。

日本政府が本気で、日本人の誇りを守り、捏造の歴史を撤回し、真実を明らかにしていく気概があるならば、やれることはあるはずです。

「遺憾」などの「言葉」だけではなく、日本の誇りを取り戻すための「実行力」を求めます。

断固、撤回を求めるべきです。

幸福実現党 小島一郎

おすすめ情報
書評

自滅する中国。

メディアでの批判を始め、中国(韓国も)による日本への攻撃は厳しさを増すばかりです。 年末の安倍首相による靖国参拝は、アメリカからも批判されています。 日本が包囲されつつあるのでしょうか。 その時その時の状況はありますが、大きなトレンドとしては、中国が包囲され、自滅しつつあります。 2008年末のアメリカ発の世界金融危機で中国指導者はアメリカに勝てると勘違いしました。 さらに、2010年中国がGDP世界第2位になり、いよいよ、世界の覇権国家を目指す...
記事

中国にハッキリ言うこと。

中国外務省の洪磊副報道局長は26日の定例記者会見で、日本の高校教科書検定で沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を「日本の領土」と明記した教科書が合格したことについて、「日本が歴史と現実を正視するよう望む」と述べました。 さらに、洪氏は日本に対して「過ちを正して、両国関係の改善のために本気で努力するよう」要求。 盗人猛々しいとは、まさにこのことです。 日本政府は、 「内政干渉はやめなさい」と、中国の報道副局長に対して言うべきです。 さらに、「日本も、中国の偏向教科書や抗日...
記事

中国、5歳で反日。

中国で仕事をしている友人に会いました。 昨年の9月の中国での反日暴動以降、中国の田舎では、反日意識が根深いと聞きました。 中国に34局あるテレビ局の番組の半分は、抗日時代を描いた反日もの。 情報の少ない地方では、それを信じていると言います。 中国の新幹線に乗ると、目の前に座っている5歳の子供が、日本のニュースを見て、「リーベン・グィズ!(日本鬼子)」と、日本人への差別用語を叫ぶ。 テレビなどの偏向教育は、何も知らない幼児も差別用語を口にするようになっています。 仕...
記事

レーダー照射の現場で起きた事。

先日、尖閣沖で中国艦船が海上自衛隊の護衛艦とヘリコプターにレーダー照射(ロックオン)したと、世界的に報じられました。 実際に乗船していた自衛官を友人に持つ私の知人から、その時に現場で起きていた事実を伺いました。 海自の護衛艦は、ロックオンされると、全ての照明が赤い光に変わるそうです。緊急事態ですので、搭乗している全員が一瞬で分かるように、全ての照明が変わるのでしょう。 その日、海上自衛隊の護衛艦の照明は、突然、真っ赤な光に変わりました。数キロ離れた中国艦船からレーダー照...
記事

反日の正体。

中国は春節に入りました。日本でいう正月です。 深刻な大気汚染にも関わらず、北京では爆竹や花火で汚染度は増すばかりです。 そんな中で売れに売れているのが、日本製の空気清浄機。 日本車もよく売れています。 昨年秋の反日デモ、暴動は一体なんだったのでしょうか。 中国に住んでいる普通の人の話では、「反日デモは季節の行事だよ。今は春節だよ」と、アッサリ。 中国共産党政府の指示・命令で動いているだけです。 よい製品を誠実に作り続ける日本は強い。 幸福実現党 小島一郎 ...
記事

中国外交返しの時。

鳩山由紀夫元総理が中国へ行き、南京大虐殺についてお詫び外交をしました。先週は、公明党の山口代表が習近平中国共産党総書記と会談し、日本の連立与党の代表が朝貢外交をしている姿が世界に発信されました。 中国はさらに、村山富市元首相や加藤紘一元自民党議員を今月28日〜31日の間に招いています。 2人とも媚中派で自虐史観の持ち主です。中国に行けば日本の国益を損なう発言をすることがほぼ間違いありません。元議員でも中国に有利な発言をする人物を中国に呼んで、中国の国益に利用しています。 ...
記事

民主党の次なる危険政党。

民主党政権では、鳩山由紀夫首相の外交音痴によって日米同盟に深い溝ができ、日本に中国からの外交・国防危機をもたらしました。 先日、鳩山幸雄元首相は、中国に招かれ南京大虐殺について非公式にお詫びをするなど、相変わらず日本の国益を失う活動を精力的に行っています。 公明党の山口代表は、香港テレビで「尖閣諸島を棚上げ論」を発言し、日本政府と異なる見解を表明しました。 公明党山口代表は、政権与党に入る政党として、自らの発言が外交上どのような影響を及ぼすか分かっていない点、かつての民...
記事

中国の言論統制に対抗する力。

中国の改革派雑誌「炎黄春秋」のウェブサイトが4日、中国当局により閉鎖され、アクセスできなくなりました。  米紙ニューヨーク・タイムズのクリス・バックリー記者(45)が報道ビザの更新を受けられませんでした。同紙は10月に温家宝首相一族が27億ドル(約2340億円)もの蓄財をしていると報道し、中国外務省が不快感を表明していたことで知られています。  中国広東省を拠点とする有力紙「南方周末」最新号(3日発行)の「新年の辞」が、「憲政」の重要性を記した部分が一党独裁に反するなどと...
記事

核武装で意気投合!そして、泊原発再稼働デモへ!

昨日、12/1は、朝から企業の朝礼に出席。午後はマイナス3度の中、地域の皆様方の心戸別訪問をさせていただきました。 支持者の方の紹介で、企業訪問をした時のことです。 映画「ファイナルジャッジメント」 、 「神秘の法」の紹介をいたしました。特に、 映画「神秘の法」がアメリカ(ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ハワイ)、韓国、台湾、中国(香港)、オーストラリア等、海外で同時期に公開され、海外で認められてきている事をお話しすると、皆さん大変驚き、興味関心を示されます...