記事

「リビア軍、反体制派にミサイル攻撃!」リビア解決へ、米空母3隻を展開!!

世界中がかたずを飲んで見守る、リビア情勢。 【リビア軍、反体制派にミサイル攻撃 西部都市で抵抗】 http://s.nikkei.com/hpTupC という記事があります。(参考記事は最後に掲載) カダフィの政権が崩壊することは時間の問題だと 誰もが思っていることでしょう。 リビアでは、首都トリポリとシルテを除いた、 トプルク、デルナ、ベイダ、ベンガジ、アジュダービャ、ミスラタ、サブラタが反政府軍に制圧されました。 カダフィは、...
記事

エジプト・ムバラク大統領辞任=イスラエル消滅の危機!?

2011年2月13日YOMIURI ONLINEで、【イスラエル「安保の要」失う…ムバラク辞任】という記事が掲載されていました。 (記事転載始め) ================================= イスラエルにとって、エジプトのムバラク前大統領失脚は、自国の安全保障の要を失ったに等しい重大事だ。 パレスチナとの中東和平交渉でも、親米穏健派のムバラク氏はアラブ諸国とイスラエルとの橋渡し役を務めてきただけに、イスラエルは外交戦略の大幅見直...
記事

エジプト反政府デモのSNS存在感!音声ツイッター&フェイスブック。

[caption id="attachment_1780" align="alignleft" width="180" caption="1日、エジプト・カイロのタハリール広場でデモ隊の中で泣いていた少女を抱き上げる兵士(AP)"][/caption]エジプト反政府デモはツイッターやフェースブックなどのソーシャルネットワークサービス(SNS)の存在感が増しています。 SankeiBizで【つぶやき、民衆突き動かす エジプト反政府デモでSNS存在感】(2011.2.3 0...
記事

日本の若者の失業率はエジプトより悪い!

日本の若者の就職が危機的状況にあります。 以下、2011年1月28日 時事通信 【若年層の失業率悪化=10年-フリーターも増加の恐れ】 を紹介します。 (転載始め) 総務省が28日発表した労働力調査によると、2010年平均の年齢層別完全失業率で大半が改善か横ばいとなる中、 15~24歳の若年層は前年比0.3ポイント上昇の9.4%となり、悪化が際立った。 長引く不況による新卒者の就職率低下が影響しており、失業者に加え、10年以降はアルバ...
記事

英BBC放送の被爆者愚弄は許し難い

今朝の日経新聞の社説に、 「英BBC放送の被爆者愚弄は許し難い 」 という記事がありましたので、紹介します。 (記事転載)  これは原爆被爆者を愚弄するだけでなく、核廃絶を願うすべての人々の気持ちを踏みにじる、実に許し難い行為である。  英公共放送のBBCは広島と長崎で二重に被爆した山口彊(つとむ)氏について昨年末、テレビのお笑いクイズ番組で「世界一、運が悪い男」などと紹介した。在英邦人の指摘を受けて、日本大使館はBBCと番組制作会社に書面で抗議した...
記事

2010年10大ニュース海外編。1位は北朝鮮の延坪島砲撃。

[caption id="attachment_1450" align="aligncenter" width="250" caption="延坪島(ヨンピョンド)への砲撃。"][/caption] 2010年は本日一日となりました。 本年を振り返る意味で、先日の十大ニュース若者編につづき、 2010年10大ニュース海外編を、簡単に紹介したいと思います。 共同通信社、全国の加盟新聞社、ラジオ・テレビ局の報道・論説担当者が、 ニュース現場の視点で選...
記事

北方四島はロシア領?ではない!

[caption id="attachment_1357" align="aligncenter" width="640" caption="江戸川区から異動になった野口支部長、後任の安部支部長と江戸川区議候補予定の細井信之氏を囲んで。"][/caption] ロシアのメドベージェフ大統領は、「北方四島はすべてロシア領だ」と、述べた。 「ちょっと待て!」と言いたい。 第二次大戦中、日本とロシアは 「日ソ不可侵条約」を結んでいました。 それにも関ら...
記事

10代が選ぶ、2010年10大ニュース。1位は尖閣問題。

[caption id="attachment_1346" align="aligncenter" width="640" caption="江戸川区議候補予定の細井信之氏と。江戸川区瑞江「そば処いどや」前にて(細井氏の実家のお店)"][/caption] メリークリスマス!!すっかり寒くなりました。 今年もあと1週間ですね。 新聞では、10大ニュース、印象に残ったニュースをよく取り上げています。 10代の若者は2010年をどのように見たのでしょう...