記事

原発全廃提案「賛同しない」が62%

今朝の産経新聞に、【eアンケート】 原発全廃提案「賛同しない」が62%という記事があります。 そもそも、原発全廃提案とは、  原発全廃提案  関西電力株主の大阪、京都、神戸の3政令指定都市は、関電に対し、脱原発依存に向けた株主提案の議案書を提出しました。このうち大阪市は「可及的速やかな全原発の廃止」を求め、3市による共同提案は経営の透明性確保など一部にとどまりました。6月開催の株主総会には橋下徹大阪市長らが出席し、可決を目指しますが、関電の取締役会は原則的に反対する見通...
記事

血塗られたキリスト教狩り。

ニューズウィーク日本語版に「血塗られたキリスト教徒狩りが始まった」 という記事があります。 一部お伝えします。 昨年、アラブの春によってイスラム教徒自由化の動きは有名です。しかし、その影で世界のイスラム教国で数千人のキリスト教徒の命が奪われているという実態があります。これはジェノサイドです。 このような事実は、「報道することで、暴力がエスカレートして行くことを恐れている」からか、メディアではほとんど報道されていません。 たとえば、、、、(以下、一部抜粋) 人口の4...
記事

北朝鮮ミサイル危機の時、国会は、、、。

本日、北朝鮮が衛星と称するミサイルに燃料が注入されました。 金正恩氏は第一書記に就任しました。 そして、明日にでもミサイルは発射されるかどうかという段階に入りました。 ミサイルは日本の上空を通過する予定ですので、国防面においては待ったなしの危機です。 一方、国会では党首討論が行われました。 テーマは消費税増税関連法案について。 平和ボケここに極まれり。 ウンザリしながらご覧になった方も多いかと思いますが、議論の内容は、終始揚げ足取り合戦です。例えば、 N「土...
記事

単身女性の32%「貧困」!

本日の日経新聞で、「単身女性の32%「貧困」、男性は25% 人口問題研 20~64歳」という記事があります。毎日新聞他の新聞でも同様の記事が取り上げられていましたので、紹介します。 (転載始め)   単身で暮らす20~64歳の女性の3人に1人が「貧困状態」にあることが国立社会保障・人口問題研究所の分析で8日、分かった。生活の苦しい人の割合を示す「相対的貧困率」が32%だった。単身の20~64歳男性は25%で、女性の苦境が際立っている。  同研究所の阿部彩部長は「以前から女...
記事

小型原子炉開発を支援=最大50%を国が補助(米国)

本日の時事通信で、「小型原子炉開発を支援=最大50%を国が補助-米」(http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012012100165&m=rss)という記事があります。紹介します。 (転載始め) 【ワシントン時事】米エネルギー省は20日、安全性と経済性に優れた次世代小型原子炉の開発を促進するため、開発費用の最大50%を国が補助する方針を発表した。 2022年までに開発終了予定の小型原子炉が対象で、開発資金の上限は約9億ドル(約700億...
記事

《消費税増税に反対57%、賛成34%》朝日新聞世論調査

本日の記事、「消費増税案に反対57%、賛成34% 朝日新聞世論調査」を紹介します。 (転送始め)  野田内閣の改造を受けて朝日新聞社が13、14日に実施した全国緊急世論調査(電話)によると、野田佳彦首相が政権の最大の課題に掲げている消費増税の政府案について、賛成は34%で、反対の57%を大きく下回った。内閣支持率は29%(前回12月31%)と横ばいで、不支持率は47%(同43%)。改造による政権浮揚効果は見られなかった。 世論調査―質問と回答〈1月13、14日実施〉  ...
記事

海外から見た、日本の魅力。

新年から日経新聞では、「C世代」と拓く新世界等、C世代の特集、連載をしています。 日経新聞によれば、C世代とは、 2012/1/8付日本経済新聞 朝刊  「ジェネレーションC(C世代)」はここ数年、米国で使われ始めた言葉だ。年齢は限定しないが基本的に若者。CはComputer(パソコン)、Connected(接続)、Community(共同体)、Change(変化)、Create(創造)などを意味する。  人によってはContent(コンテンツ)、Communica...
記事

金正日死去、現地の反応。

金正日死去から、後継者の金正恩氏の動向から目を離せない状況が続いています。 実際にはどうなのか。北朝鮮と国境を接している地域(吉林省延吉市)の方に聞いてみました。 北朝鮮と国境を境にしている、吉林省延吉市は北朝鮮人民との交流が普通に行われている地域です。 ●金正日氏は病気なのは皆よく知っている。長くはないと噂は流れていた。 ●金正日氏の突然の死去は冷静に受け止めていた。「やっぱりな」といった感じ。 ●北朝鮮人民は誰も悲しんではいない。 ●金正恩氏の動向についても、...
記事

カナダ研究チーム発表「宗教信者は無神論者を信用できない!」

「宗教信者は無神論者を信用できない」と、カナダの研究チームが発表したという、国際ニュースがありましたので、紹介します。 【12月4日 AFP】宗教を信仰している人びとは、世界で推計5億人いる無神論者を、強姦犯と同じくらい信用していないとの研究結果が2日、専門誌「Journal of Personality and Social Psychology(パーソナリティ・社会心理学ジャーナル)」に掲載された。  論文の主執筆者、カナダ・バンクーバー(Vancouver)のブリ...
記事

故スティーブ・ジョブズ氏が求めた世界。

10月24日に世界同時に、『スティーブ・ジョブズ I』が発売になりました。ベストセラーになっているようです。 いくつかエピソードを紹介したいと思います。 「ジョブズ氏「死後の生を信じたい」、迫る死期が製品開発の原動力」(CNN)の記事です。 (転載始め) 5日に死去した米アップル共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏は、2004年に膵臓(すいぞう)がんと診断された後も医師の勧めに反して手術の予定を9カ月先延ばしし、マクロビオティックの食事療法で治療しようとしたが、後に...