記事

毎日、13人が死亡。

本日は運動免許更新の講習でした。 いただいた安全運転のしおりによると、2010年(平成22年)の自動車交通事故による死亡者は4,863人。毎日、13人の方が自動車事故で命を失っている計算になります。 全国では交通事故を減らす取り組みを行っているため、前年より51人死亡者は減りました。(2009年の交通事故による死亡者は4,914人) また、喫煙はがん、循環器疾患、糖尿病などさまざまな疾病の原因となっていますが、厚生労働省によると、2010年に亡くなった日本人119万人の...
記事

日本海側に多い、良質なメタンハイドレート。

本日は島根県松江に来ています。明日は出雲に行きます。 映画『神秘の法』で帝国ゴドムに占領される時に上陸する舞台になっているのが、島根県です。近未来予言映画の舞台になっているからと言って、リアルに起こしてはならない!と決意を分かち合うためにセミナーに来ました。 また、島根県は竹島を有する県です。沖縄県尖閣諸島と同様に、領土問題を抱えています。 そして、竹島は韓国に実効支配されました。国際法的には完全な違法です。 狙いは資源です。竹島近海に良質のメタンハイ...
記事

原発、54基中2基だけに。再稼働に全力を尽くせ!

関西電力は20日深夜、高浜原子力発電所3号機(福井県高浜町、出力87万キロワット)の定期検査のため発電を止めました。 これで関西電力の原発11基すべてが停止しました。「危機的状況」です。 これで日本の原発54基の内、稼働しているのは2基のみになります。 その2基も今年の4月には全てストップします。 野田政権は電力危機をどうするつもりなのでしょうか。 野田政権は消費増税の実現に全力を挙げていて、電力問題を枝野幸男経済産業相に丸投げしています。 政府のエネルギー・環...
記事

世界初!愛知県沖でメタンハイドレート掘削

朗報です。愛知県沖で、世界初になるメタンハイドレートの掘削が始まりました。 昨日の記事「世界初!海洋におけるメタンハイドレート産出試験……愛知県沖で事前掘削がスタート」を紹介したいと思います。 (転載始め)  経済産業省が推進する「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」のフェーズ2の一環として、第1回のメタンハイドレート海洋産出試験が愛知県沖合で始まった。  メタンハイドレートは将来の天然ガス資源として注目されており、2001年度から2008年度まで「我が国におけ...
記事

反響続々!日経新聞全面広告「脱原発で日本はどうなる?」

幸福実現党は、本日8月11日の日経新聞に全面広告で、 「脱原発」で日本はどうなる?という全面意見広告を出しました。 具体的にどのような内容の意見広告なのか、最も大切なQ1~Q5を転載します。 昨今の「脱原発」論議、日本中が熱くなるのもわかりますが、そんなに結論を急いで、だいじょうぶなのでしょうか。 ここは、ちょっと冷静になって、理性的に考えてみませんか。 Q1.自然エネルギーでだいじょうぶ? 太陽光や風力による自然エネルギー...
書評

エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う

8月6日は広島原爆投下の日、9日は長崎原爆投下の日です。 原爆の悲劇を二度と繰り返さないための「平和」について考え、決断する日でもあります。 今年は、福島第一原発の放射能事故があったため、菅首相の「脱原発発言」を皮切りに、 「脱原発か否か」の議論が相変わらず繰り返されています。 本書、『エネルギー論争の盲点』は、「原発か再生可能エネルギーか」という不毛な論争ではなく、「エネルギーの盲点になっている天然ガスと分散化」が日本を救うというものです。 ...
記事

8/6広島平和記念「鎮魂、そして平和への決断」の集い

[caption id="attachment_3255" align="aligncenter" width="630" caption="左から私、日高じゅんこさん、向井さん、黒川さん、辻さん。"][/caption] 8月6日広島平和記念日に合わせて、幸福実現等広島県本部主催で 「鎮魂、そして平和への決断」の集いを開催しました。 13:30からスタート。中国新聞の広告でも告知。 第1部「鎮魂の儀」は、原爆で亡くなった方々の魂に対する供養を...
記事

放射能は怖くない。福島原発安全宣言。

[caption id="attachment_2989" align="aligncenter" width="480" caption="真ん中の方が、ザ・リバティ綾織編集長。リバティWEBに7月中に申し込むと、宇宙人ファイルがプレゼント!私も載っていました(^v^)"][/caption] 本日、7月14日(木)の幸福実現TVでは、月刊ザ・リバティ綾織編集長をゲストに、 「放射能は怖くない。福島原発安全宣言」と題してお送りしました。 札幌医科大学の...
記事

朝日新聞の無責任提言「原発ゼロ社会―いまこそ 政策の大転換を」

朝日新聞の世論調査―質問と回答〈7月9、10日実施〉で、原発を段階的に廃止77%だったことについて、さらに社説で追い打ちをかけるように、 「提言 原発ゼロ社会―いまこそ 政策の大転換を」という無責任な社説が掲載されたので紹介します。 (転載始め) =============================== 日本のエネルギー政策を大転換し、原子力発電に頼らない社会を早く実現しなければならない。 いまだに収束が見えない福島第一原発の事故を前に、...
記事

放射能を恐れすぎるな、フクシマの危機は過ぎた。ストレステスト危機がやってきた。

本日のBLOGOSに「放射能を恐れすぎるな、フクシマの危機は過ぎた。」という記事がありました。 ロシア科学アカデミー 原子力エネルギー安全発展問題研究所副所長。物理数学博士。 ラファエル・ヴァルナゾヴィチ・アルチュニャン博士の記者会見記事です。 アルチュニャン博士はチェルノブイリ事故以降25年間にわたり、事故の収束、調査研究を続けてきた方です。 フクシマの原発事故について 「危機は過ぎた。後はどう冷やすか」 「放射能が怖いのは海中で...