記事

氷点下の中で停電の室蘭。

北海道に真冬並みの寒気が入り、室蘭、伊達市で大雪となり、さらに突風が吹きました。室蘭では39.7 mの突風が吹きました。5万戸の家庭が停電しており、自主避難をしている方も沢山おられます。 自衛隊による一刻も早い復旧を祈るばかりです。 (札幌市内の写真) 私のいる札幌市でも、本日はいちにちじゅう大雪で、吹雪いている時もありました。-2℃、-3℃が当たり前のような、真冬の寒さの中で停電になっている室蘭市、伊達市の方々の凍えるような寒さはいかばかりかと、心を痛めます。 本日...
記事

泊原発再稼働を求める生の声。

小樽市に行っ小樽市民の皆様の声を伺いました。 幸福実現党は原発再稼働の立場です。北海道には泊原発があります。小樽は泊原発から近い都市です。 小樽市は坂が多く冬場は道路が凍りつくため歩くのも、運転するのも、大変危険です。 北海道では、ロードヒーティングと言うシステムで道路を温め、氷を溶かし、冬場でも車を安全に運転できるようにしています。電力で賄っています。 小樽の皆様と、泊原発が止まったらままでこの冬電気が止まっても大丈夫かどうか伺いました。 「冬場の北海道の“しばれ...
記事

冬の節電でギックリ腰。泊原発再稼働を!

北海道の電力不足は命の危険があります。 北海道にお住まいの支持者の方と話しました。 その方は、北海道は冬の電力が不足するため、真面目に節電に取り組んでいると言っておられました。政府の方針に対して良心的な方です。 節電とは言っても、北海道の寒さはとにかく凍れる。 節電に協力して寒さを耐えていたが、体調を崩し、ギックリ腰になってしまった。北海道では節電であっても体を壊す。ましてや、電力不足で停電することになれば、体の弱いお年寄りから命を落とす。何とかして欲しい! 泊原...
記事

ブレ続ける原発政策。

先週末、9月14日にエネルギー・環境戦略として「2030年代に原発稼動ゼロ」を打ち出した民主党野田政権。 今週に入り、経団連からの猛反発を受けると、原発ゼロを撤回。事実上、閣議決定を取り止めました。 私自身のブログも含め、幸福実現党で訴え続けている通り、原発ゼロ政策は、国民の電気料金を2倍に押し上げ、企業のコストがかさみ国際競争力を著しく貶めます。日本国民の大量リストラ、倒産へと繋がる、「百害あって一利なし」の、日本撃沈政策です。 日本の経済活動に責任を持つ...
記事

脱原発こそ命を奪う。

自民党総裁選、民主党の代表選、次期衆院選の選挙の争点となっている、原発再稼働。 首相官邸前でも、毎週金曜日に脱原発集会を繰り返しています。マスコミもこまめに報道して脱原発を煽っています。 放射能による命の危険を言いますが、実際には、福島第一原発の事故でも放射能で命を落とした方はいません。 原発をゼロにすると、火力発電(石油やLNG等)による燃料コストの増加分は2012年で3.1兆円になると試算されています。つまり今年度は、電気を生産するために一日100億円ものコストが余...
記事

消費増税に危機感、脱原発は5%

残暑が続いています。 8月19日の産経新聞に、「【主要企業アンケート】 脱原発は5% 7割超が原発再稼働容認」という記事がありました。 123社へのアンケートの結果です。回答は100社。 現時点で脱原発と答えた企業は1社。将来的に脱原発の方向性と答えた企業を含めると5%でした。 条件付き再稼働を含め、再稼働の必要性を認めた企業は7割を超えたという結果でした。 また、54%の企業が、消費税増税によって業績に悪影響が出ることを懸念しています。 当然の判断だと思います。...
記事

1.7倍の節電効果!エアコンではなくテレビを消そう。

猛暑が続いています。 日本人の問題意識として、「節電」して電力不足に備えようと言う気持ちがあります。マスメディアでも節電方法について連日伝えておりますが、エアコンを消すよりもテレビを消す方が1.7倍節電になります。 新聞やテレビでは全く報道されていません。(私は見たことがありません) 下の表をご覧ください。 ◦液晶テレビを消す(220W) ◦白熱電球3つを消す(162W) ◦エアコン1台を止める(130W) ◦白熱電球3つを蛍光灯に交換する(126W) ◦...
記事

脱原発と子供の命。

関東では梅雨が開けました。35度を超える猛暑日でした。 熱中症が心配されます。 7月16日海の日にも、暑い中、原発再稼働を反対するデモが行なわれ、マスコミは大本営発表を鵜呑みにして、大々的に報道しました。 左翼の安保闘争さながらの感情的な運動とそれを煽るマスコミ。日本弱体化運動 そのものです。 「命を守れ!」と、脱原発を叫んでいますが、福島第一原発の事故で命を失った方はゼロ人です。 梅雨が開けて心配なのは熱中症です。 我が家には2歳の子供がいます。暑い炎天下に外に...
記事

原発全廃提案「賛同しない」が62%

今朝の産経新聞に、【eアンケート】 原発全廃提案「賛同しない」が62%という記事があります。 そもそも、原発全廃提案とは、  原発全廃提案  関西電力株主の大阪、京都、神戸の3政令指定都市は、関電に対し、脱原発依存に向けた株主提案の議案書を提出しました。このうち大阪市は「可及的速やかな全原発の廃止」を求め、3市による共同提案は経営の透明性確保など一部にとどまりました。6月開催の株主総会には橋下徹大阪市長らが出席し、可決を目指しますが、関電の取締役会は原則的に反対する見通...
記事

原発ゼロで失うもの。

5月6日はゴールデンウイーク最終日でした。私は東京都北千住にある足立支部の映画『ファイナル・ジャッジメント』大成功大会にゲストスピーカーとして参加してきました。 支部の近くの商店街で30人程度の反原発デモに遭遇しました。デモでは、原発ゼロを喜びつつ、今後も再稼働しないことを訴えていました。 5月5日、日本の原発54基全てが止まりました。 世界最速で原発ゼロが実現したことになります。 原発反対を訴える一番の根拠は、命の危険、恐怖でしょう。 本当に原発を止めると命は安全...