記事

パリ協定を考える。30年で温度上昇はほぼゼロの事実。

パリ協定にトランプ大統領が離脱を表明した件について、世界中から非難の声が出ています。

このパリ協定は、いつから、どのようにして出てきたものなのでしょうか?

1989年にアメリカの上院議会の公聴会で地球温暖化と温暖化ガスの関係について仮説が出され、取り組み世界が取り組み始めたのが始まりです。

その当時の予想では、30年で地球の平均気温は1.5度上がるというものでした。100年もたったら大変なことになるということで、温暖化が騒がれ始めました。

実際はどうだったでしょうか。

下のグラフは、予想グラフ(1)に対して、2のグラフは温暖化対策に取り組んだ場合のグラフ、そして太線グラフは現状です。

つまり、温暖化対策はほとんど取り組めていないにも関わらず、実際の平均気温グラフは、温度上昇を見せていないという現状があります。

(このグラフは、武田邦彦氏の映像より紹介しました⇒https://youtu.be/ip0SqlkPV3Y

更に、南極の昭和基地の温度変化グラフです。

コチラは、都市化による温度上昇もありませんので、地球が温暖化しているかどうか分かりやすいグラフです。

上昇は見られません。

更に、イギリスとアイスランドの温度変化グラフです。

こちらも、温度上昇は見られません。

いろいろな議論はあろうかとは思いますが、シンプルに考えたいと思います。

「実際に、地球は温暖化しているのか。していないのか」

という観点から、事実を見ると、30年前に提唱された「温室効果ガスによって地球温暖化するという仮説」自体が間違っているのではないか?ということが、データから明らかです。

ここでは論じませんが、地球は寒冷化、小氷河期に向かっているというデータもあるくらいなのです。

過熱した「温暖化ありき」という決め付けによる議論こそ、一度、冷静になって見直す時なのではないでしょうか。

トランプ大統領によるパリ協定離脱は、見直すチャンスとしてとらえるべきです。

幸福実現党 小島一郎

おすすめ情報
書評

「反原発」の不都合な真実。

東京都知事選の候補者が出揃いつつあります。 その中でも台風の目になりつつあるのが、細川元首相の出馬です。 小泉純一郎氏と連携して、「脱原発」を争点にする情報もあります。 国家のエネルギー政策を地方選で論じるのもどうかと思いますが、さらに、元首相が二人組んで「脱原発」を打ち出すとは、日本を亡国へと追い込まんとする、黒い策略を感じます。 脱原発の根拠は既に失われているにも関わらず、国民の恐怖心を焚き付けることはやめていただきたい。 まずは、2012年...
記事

アベノミクスのアキレス腱。

関電と九州電力は5月1日から値上げすることになります。関電(9.75%)と九州電力(6.23%)。 電力8社の3月決算は、1.6兆円。関電は2434億円の赤字、九州電力は3324億円の赤字です。 関電は高浜原発、九州電力は、玄海原発、川内原発を再稼働できないことが大きく響いています。 東日本大震災の影響で、すでに安全性が確認されている原発が再稼働されず、その判断が先延ばしにされ、電力各社は赤字を垂れ流し、シワ寄せは電気代の値上げという形で、国民が負担することになります。...
記事

メタンハイドレート革命。

愛知県沖で掘削を続けていたメタンハイドレートの産出に、世界で初めて成功しました。 エネルギーのほとんどを輸入に頼っている日本にとって、大きな希望です。 愛知県沖だけで日本が使用する天然ガスの10年分、そして、日本の近海には100年分のメタンハイドレートが海底に眠っております。 問題はコストです。現在の日本の技術をもってしても、天然ガスの3倍です。 政府は改良を重ねて5年で採算のめどを立てると発表しました。 国際情勢、外交の視点で考えると、2016年の採算を目指して...
記事

「厳冬の泊原発再稼働デモIN北海道」を決行!

2月24日、厳冬の札幌で、泊原発再稼働デモを行ないました。昨年12月2日以来、2回目です。先週降り積もった大雪で道路はカチカチ、-7℃でした。 午前中から雪が降り続いていました。 小沼北海道本部幹事長から原発再稼働の意味を分かち合いました。 我らが森山よしのり参院選候補(予定)から力強く挨拶。 釈量子女性局長が応援に駆け付けてくれました。中国の実態と国防の観点から原発の大切さを訴えました。 私も挨拶。厳冬の北海道での勇気ある行動が、北海道、そして、日本の未来を切り拓...
記事

不当な値上げ。

東北電力が経済産業省に電気代の値上げを申請し、受理されました。 家庭用の電力が7月から11.4%上がります。企業用の電力は17.7%上がります。 東北電力の他に、四国は月内、北海道電力は年度末までに値上げ申請をすることになると報じられています。 何となく「原発の再稼働ができないから仕方がない」というような空気が流れているようですが、本当にこれでいいのでしょうか? 泊村にある北海道電力の泊原発の施設「とまりん館」を訪ねた時に担当の方が仰っていたことを思い出します。 ...
記事

泊原発再稼働で北海道経済を守れ!

北海道では、冬の厳しい寒さの中、電力不足と戦っています。 7%の節電と共に、本当に電力が厳しくなった時には、企業の生産活動をストップして電気を止めることを北電から企業に依頼しています。 ほとんどの企業が泣く泣く受け入れているというのが実態です。 停電させない代わりに、北海道の企業の電力を止めると言うことです。 冬の電力不足が北海道の経済を破壊しようとしているとも言えます。 私は北海道電力を責めるつもりはありません。(まず止めるべきは、役所の電力でしょう) しかし、...
記事

衆院選前のラストメッセージと政見放送

大倉山ジャンプ場から見た、札幌市内。 いよいよ、明日は公示日。北海道から大きく羽ばたきたいと思います。 政見放送の収録も、無事、終了。初めてなので緊張しましたが、一発OKでした。 応援してくださっている仲間のこと、そして、北海道の皆様を思い浮かべて心を込めてお話ししました。 ブログは今日で最後になりますので、少し長くなりますが、内容を簡単に紹介したいと思います。 民主党政権は、国民に嘘をついて消費税を増税しました。その経済不況の危機。鳩山政権では日米同盟の亀裂が...
記事

主婦目線の政策解説【映像】

幸福実現党の政策について、主婦の方にも分かりやすいように解説しました。 防衛力、経済力、原子力の3つの政策についてです。特に北海道の泊原発再稼働について主婦目線で解説しました。 それではご覧ください。 ⇒ http://youtu.be/HICZ3T6Wx6g 札幌市大通公園周辺にて泊原発再稼働を求めるデモを行いました。脱原発ばかりの論調の中で、原発再稼働を訴えるデモは大変珍しいようで、多くの方々の注目を集めました。 私たち幸福実現党は、「原発は再稼働するべきだ...
記事

命を守れ!原発再稼働!選挙。

建設会社に訪問してまいりました。 話を伺いますと、国内の建築事情は下がり気味、その反面、海外では移転する工場等の建設需要が増えているとおっしゃっておりました。 これはすなわち、電気料金の値上げや増税が、日本企業を直撃し、国内では持ちこたえられないとの判断から、海外移転が進んでいるということです。 関西、九州、四国では電気料金の値上げを決定しております。実際に工場を経営している方々は、 「もう耐えられない。これ以上はかなり厳しい」と本音の声を漏らしております。 私の選挙...