これか、安倍談話。

戦後70年の節目の安倍談話が発表されました。

記者会見まで開いて。

内容は、、、、。

長い。

中身は、薄い。

結局、いろいろな立場の人たちに配慮して、長くなり、煙に巻くような内容になったと、感じました。

村山談話などの歴史認識を踏襲し、「侵略」や「植民地支配」、「痛切な反省」「心からのお詫び」を盛り込み、さらには、先の大戦における日本を「国際秩序への挑戦」と位置付けるというのは、許せません。

何も立ち位置を変えずに、変わったように見せかける意図を感じました。

うまく済ませる談話なら無用です。

これでは、新たに談話を発表する意味がありません。

学校の宿題なら、再提出、やり直し!です。

先の大戦で祖国のために散って行った英霊たちの心に酬いるためにも、短く、分かりやすく、正々堂々と作り直すべきです。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ