地域の「新米パパの集い」に参加。

「新米パパの集い」に先輩パパとして参加しました。

地域貢献のために今日は参加してみました。

集まっている新米パパたちは、子供がみんなゼロ歳児。初めての子供を持つパパ。

私は中1(男)、小3(女)、幼稚園年長(女)の三児のパパです。

十数名の新米パパと数名の先輩パパ。

月に1回開催されていて、今回が3回目。

今日のメインは先輩パパとの交流。

「とりあえず、いてくれればいいから」と言われ、「聞かれたことに応えればいいのかな」くらいの軽い気持ちで参加しました。

一通り自己紹介した後、新米パパに先輩パパが混ざってのグループセッション。

「まず先輩パパから口火を切ってください」、「制限時間は、4分30秒交代でお願いします。うちのキッチンタイマーで測りますね~」と、進行役のおばちゃまに言われ、ビックリ。

「はい、お願いします」と言われ、いきなり話し始めなければならなくなりました。

一緒のグループの先輩パパと共に、とりあえず自己紹介を兼ねて子育てについて話をしてみました。

パパの出番はどんなときか。役割分担について。一人目、二人目、三人目での子育ての違い。奥さん対応。など。

手短に話すと、なぜか、バカ受け。ゼロ歳児を持つパパにとって、どうやら、何から何まで新鮮なようでした。

一人目だと何でも初めてなので大変ですが、二人目からは、哺乳瓶の消毒もしないし、定期健康診断も忘れたり、、、。

子供は勝手にたくましく育つ。一緒にグループに参加していた、三児のパパも全くの同意見で意気投合、大爆笑。

同じように接し、同じものを食べて育っているはずなのに、みんなまったく違う正確に育つ不思議。

聞かれたことに、普通に答えていたつもりでしたが、私たちのグループは爆笑グループとなり、エライ盛り上がりました。

新米パパは、「今の一人目で大変なので、2人目は厳しいかなと思っていたが、兄弟がいるのは親としても面白そうだ」と、受け止めてくれたようです。

先輩パパと後輩パパが交流することで、リアルな智慧を提供することができました。いい企画でした。

自分自身を振り返るキッカケになり、楽しかったです。

感謝、感謝です。

新米パパ、がんばれ!

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ