中日新聞社調査結果、幸福支持1.3%。

12月12日(金)中日新聞の注目選挙区滋賀1区、3区への電話アンケート調査の結果、幸福実現党の支持率が1.3パーセントと報じられていました。

記事「1区は民主が自民猛追 本紙調査 浮動票4割が終盤の鍵」を一部抜粋します。

 二つの選挙区で比例代表の投票先を「だいたい」も含めて決めている有権者と、決めていなくても現時点で意向の投票先がある有権者に尋ねると、両区合わせて36・7%が自民と回答し、最多となった。

 民主は19・0%、共産8・3%、維新4・5%、公明3・1%、次世代1・7%、幸福1・3%、生活1・0%、社民0・3%、分からない・無回答23・8%だった。

以上

社民党、生活の党を抜いております。さらに、次世代の党に肉薄しております。

全国においても、さらに支持率が増えていくように、頑張るのみです。

確実に、着実に信用が付いてきました。

選挙戦は残り一日です。

消費減税の幸福実現党にどうか投票ください。

比例票は、2枚目の投票用紙に(幸福と書く)なります。(ちなみに、1枚目の投票用紙は小選挙区ですので、候補者名を書きます)

幸福実現党 小島一郎
image

コメントをどうぞ