消費増税57.4%反対、63.8%見送り:FNN世論調査。

20130821-001236.jpg

FNN世論調査(8/17,18実施)で消費増税について質問がありました。
9月中旬ごろ、安倍首相が判断することになっておりますので、大事な世論調査です。
来年4月に予定される消費税率の5%から8%への引き上げについて。
より時間をかけて段階的に引き上げるべきだとの回答が63・8%。
消費税率を来年4月に予定通り引き上げることについては57・4%が反対。
先日発表された、今年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値2・6%増について。
61・2%が消費税増税の十分な根拠になるとは思わないと回答。
アベノミクスによる景気回復を「実感していない」79・6%。
民意は消費増税には反対です。
2009年以降、幾度となく訴えてきましたが、消費増税は景気を腰折れさせ、国民を苦しめ、挙げ句の果てに、不況になるために税収も減ってしまうという、百害あって一利なしの政策です。
まだ悩んでいるという、安倍首相には「消費増税はしない」という英断を期待します。
幸福実現党は、全国でストップ!消費増税を訴えてまいります。 幸福実現党
小島一郎

コメントをどうぞ