積極報道(NHK他)と中日、朝日の偏向報道。

北海道では公平なTV報道が進んでいます。(北海道新聞はまだまだです)

NHKと民放4局(STV、HBC、UHB、HTB)、計5局が夕方18:00~のニュースで森山よしのり候補の第一声を流しました。

他の候補と変わらない秒数です。

今まで決してTVで扱わなかった国防の政策も放映されました。

森山候補の強みがそのまま出ています。

また、選挙事務所にも取材が増えています。

今までになかったことです。

また、先日抗議しました北海道新聞も、公示日以降は公平に幸福実現党森山よしのり候補を取り上げています。

ありがたいことです。

一方、岐阜県の加納ゆきひこ候補、三重県の小川俊介候補、愛知県の中根ひろみ候補について、中日新聞と朝日新聞は諸派扱いでまともに報道していません。

小川俊介候補については写真が掲載されておらず、存在が抹殺されていると、読者は受け取ります。小川俊介氏の抹殺記事は、自身のFacebookに掲載されています。胸が痛みます。

中日新聞、朝日新聞の陰湿ないじめに悲鳴が上がっています。

読売新聞、産経新聞、毎日新聞、NHKは公平に報道している中、残念です。

全国のマスコミの皆さん(特に、中日新聞と朝日新聞)、参院選において公平な報道をお願いします。

比例は幸福とお書きください。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ