残念!北海道新聞の偏向報道、再び。

残念なお知らせです。北海道新聞の偏向報道が復活してしまいました。

20130628-211821.jpg
写真は、6/27北海道新聞の参院選候補者紹介記事です。

お分かりの通り、道内予定者も臨戦体制の見出しの記事には、幸福実現党森山よしのり候補予定者の写真はありません。

「森山よしのり氏は立候補していない」と、読者に印象を与えます。

昨年末の衆院選の時にも、北海道新聞は森山よしのり氏が立候補していたにも関わらず、写真を掲載しないことがありました。

正式に抗議をした結果、年明けから報道をしてくださることになりました。

今年の1月以降、森山よしのり氏の記事には写真の掲載もありました。

しかし、担当者が代わってからか、4/30以降は、他党の候補予定者の写真は掲載しても、森山よしのり氏は載せなくなりました。

「これは選挙妨害か!」と、私は思いました。

選挙管理委員会にも、道新の対応についてどのように考えるか、相談に行っております。

経緯も含めて、北海道新聞の偏向報道は、選管も不思議がっているようです。

北海道新聞側は、幸福実現党北海道本部の抗議に対して、話は聞いてはくださっています。数年前の対応とは変わってはきています。

デスク云く、「幸福実現党は泡沫候補者ではないが、他の政党候補者と同じ扱いにはできない」と、担当者から聞いております。

しかし、これは、理由でも何でもありません!

北海道のリーディング新聞として、公平な報道に責任を持っていただきたい。

誠意ある対応によって、報道姿勢が変わることを信じて、次回の報道を待ちたいと思います。

幸福実現党 小島一郎

コメント “残念!北海道新聞の偏向報道、再び。”

  1. 名無しさん

    >「幸福実現党は泡沫候補者ではないが、他の政党候補者と同じ扱いにはできない」と、担当者から聞いております。
    政党要件を満たしていないとしても選挙区の候補者の話でこんな事を言う事自体おかしい事だと思います。

    同じ様な事は「政治的中立」を自称しているニコニコ動画でも起こっています。
    ニコニコで行われている参院選挙のアンケートで「選挙区ではどの候補者に入れますか」との問いに対して
    幸福の候補者だけが除かれて選択肢が「その他の候補者」扱いとされていたり、もう滅茶苦茶です。
    ttp://enquete.nicovideo.jp/?loc=sanin

    返信

コメントをどうぞ