2013年、明けましておめでとうございます。

2013年になりました。

新年、明けましておめでとうございます。

2012年は激動の年でした。

幸福実現党は日本の思想を保守へとシフトすることには成功したかと思います。

しかし、まだまだです。中国は習近平国家主席体制になり、いよいよ、対日圧力を強め、日本侵略へのスピードを上げてくることが予測されます。そのような中、頼りのアメリカは、オバマ政権が継続することになり、世界への責任や力は落ちてくると思いますので、日本にとって厳しい状況は深まるばかりです。

危機は厳然として迫っております。幸福実現党は日本の危機を撃ち破るために立党しました。

自民党政権になった今も、本気で日本を危機から守り、世界のリーダー国家として繁栄ビジョンを実現する幸福実現党の使命は極めて大きいと言えます。

日本に国家としての精神性、信仰の柱を入れ、世界から尊敬される強い日本を実現するためには、日本に宗教の復活が必要です。

そこまで踏み込めるのは、幸福実現党しかありません。

本年の参院選で勝利し、国会議員を輩出して国政を担わなけれれば、日本が間に合いません。どうしても、参院選の勝利が必要です。

今年は、幸福実現党の宗教政党としての強みを最大限に発揮して、勝利を目指したい。

ご支援くださる皆様方の強みが一番輝くような活動によって勝利を目指したい。

「正しい宗教政党は必要だ。宗教政党があってくれてありがたい。宗教政党の温もりが嬉しかった」と、国民の多くの皆様に実感していただいて、勝利を目指したい。

と思います。

皆様の志、夢を形にして実現する年にしてまいりたいと思います。

新しい未来(時代)をデザインする幸福実現党を、今年もよろしくお願い致します。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ