核武装で意気投合!そして、泊原発再稼働デモへ!

昨日、12/1は、朝から企業の朝礼に出席。午後はマイナス3度の中、地域の皆様方の心戸別訪問をさせていただきました。

支持者の方の紹介で、企業訪問をした時のことです。

映画「ファイナルジャッジメント」 、 「神秘の法」の紹介をいたしました。特に、 映画「神秘の法」がアメリカ(ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ハワイ)、韓国、台湾、中国(香港)、オーストラリア等、海外で同時期に公開され、海外で認められてきている事をお話しすると、皆さん大変驚き、興味関心を示されます。

このままでは日本が中国に占領されてしまうかも知れない、そのような危機感を強くもち、私たちは映画を2作品日本で公開し、さらには幸福実現党においても信念を貫いて国防を訴えております。

そのようなお話をした時です。

訪問先の専務取締役が、 「そうなんだ!このままでは日本は中国に占領されてしまう。日本は軍備をしっかりとしなければならない。このままでは日本が危ない。もし自分が必要とされるなら、すぐにでも日本を守るために働きたい気持ちだ。」

スマートなかっこいい専務が、これほどまでに日本を愛し、国を憂いているとは!私自身大変嬉しく、会話が盛り上がりました。

さらに、「日本を本当の意味で守るためには、抑止力として核武装も必要だと思っている。 」専務は言われました。私が幸福実現党の政策集を開き「このように我が党は明確に核武装の必要性を記しております」と指し示すと「まさにその通りだ! 」と、会話のボルテージはマックス!

国を守り国を繁栄させるために、どこの政党も怖くて尻込みしている論点を、信念として貫き通す幸福実現党。私は信念を貫いて活動してきて良かったと心の底から思った瞬間でした。

本日12月2日午後1時から札幌にて泊原発再稼働!を求めるデモを行います。

原発再稼働。

幸福実現党以外の政党は尻込みして明確に言えない状態になっております。しかし、 1人1人お話ししていくと「本当に原発ゼロでいいのだろうか? 」と、疑問に感じている方はたくさんいらっしゃいます。手ごたえがあります。

マスコミを中心に立つ原発の世論を作られてしまって、原発再稼働を言えなくなっているだけです。

特に、冬の北海道は泊原発を再稼働することで電力を確保するか、それとも泊原発を稼働させずに停電リスクを持ったまま冬を過ごすか、命に関わる問題です。

今こそ、政治に勇気と、行動が求められる時です。

幸福実現党 小島一郎

20121202-102933.jpg
(写真は支持者の方のご自宅での集いの様子です。感謝)

20121202-103044.jpg
(夕方からは、吹雪になりました。北海道の冬の選挙を味わっております)

コメントをどうぞ