いざ、記者会見へ!

20121123-004612.jpg

幸福実現党北海道比例代表の小島一郎です。

本日は、北海道庁で記者会見でした。記者会見に行く前に北海道神宮に参拝。いざ、記者会見へ、出陣です。

記者会見には、 13社の報道陣が来ました。

今回の衆議院議員選挙、救国選挙である旨、私の方から説明いたしました。

民主党政権に移って3年半、日本はますます厳しい状況になっていった現実。

外交、国防問題。消費税増税法案を通したことによる民主党の嘘、そして、さらなる深刻な不況。

一方、幸福実現党は3年数ヶ月前から一切ブレることなく、国防強化、減税による景気回復、教育問題など一貫していることを述べました。

さらには、今回の選挙で他の政党が触れようとしない、原発の再稼働についても妥協なく切り込んでいます。電力が足りなくなれば北海道では命に関わる問題です。

私たち幸福実現党は、信念を持って正論を貫きます。

私が全体の政策を述べた後、角ケンジロー候補の挨拶、そして、北海道5区候補予定の森山よしのりが、更に詳しく政策を述べました。

印象としては、 3年半前の衆院選とは違い、マスコミ各社の皆様はしっかりと私たちの政策を聞き、受け止めていると感じました。

確実に前進しています。

記者会見の後は、札幌駅前で私達3人の候補による街宣活動を行いました。

20121123-004825.jpg
記者会見から引き続きテレビ局と新聞社の方がへ取材にやってまいりました。関心の高さを感じました。

街宣の後は小樽へ。

小樽支部で支援者の皆様方と熱い集会。確実に足元を固め、前進あるのみです。

20121122-232933.jpg
幸福実現党 小島一郎

コメント “いざ、記者会見へ!”

  1. 佐藤孝志

    そうですか。北海道では幸福実現党の認知度がだんだん高まってきていますね。東京での認知度は、相変わらず冷たい反応ですが、私たち幸福実現党は、そんなことでは怯みません。これからも真っ向から正論を訴え続ける所存でございます。

    返信

コメントをどうぞ