世界初!愛知県沖でメタンハイドレート掘削

朗報です。愛知県沖で、世界初になるメタンハイドレートの掘削が始まりました。

昨日の記事「世界初!海洋におけるメタンハイドレート産出試験……愛知県沖で事前掘削がスタート」を紹介したいと思います。

(転載始め)

20120215-224317.jpg

 経済産業省が推進する「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」のフェーズ2の一環として、第1回のメタンハイドレート海洋産出試験が愛知県沖合で始まった。

 メタンハイドレートは将来の天然ガス資源として注目されており、2001年度から2008年度まで「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」のフェーズ1として、東部南海トラフ海域(静岡県から和歌山県の沖合にかけた海域)での地震探査・試掘などが実施された。その結果、同海域において、日本の年間ガス消費量(2005年)の約13.5年分に相当するメタンハイドレートの賦存が確認されている。

 2009年度から開始された同計画のフェーズ2では、メタンハイドレートを天然ガスとして取り出す技術の開発を目指しており、今回の試験は、海洋における世界初のメタンハイドレート産出実験とのこと。

 今回のメタンハイドレート海洋産出試験の作業期間は2年にわたる予定。

まず、今年2月から3月にかけて、事前掘削として生産井やモニタリング井の坑井掘削を行い、来年1月から3月の期間内に、産出試験(フローテスト)を実施する計画となっている。

 作業地点は愛知県沖の第二渥美海丘で、実施主体は経産省から受託された独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)。同試験にかかわる掘削工事を担当するのは、石油資源開発(JAPEX)。

 今回の産出試験は、商業生産ではなく、調査段階の試験作業だが、海底面下のメタンハイドレートの生産状況や地層の変化の把握など、将来のメタンハイドレートの実用化に向けた貴重なデータが得られるとみられ、メタンハイドレートの資源開発研究にとって、大きな前進となることが期待されている。

試験の成果を活用して、今後の第2回海洋産出試験の計画や、将来の商業生産に向けた技術基盤の整備(フェーズ3として2016~2018年度を予定)を進めていく予定とのこと。

(転載終わり)

20120215-224419.jpg

メタンハイドレートについては、以前、「掘削船・ちきゅう投入!日本を資源大国へ。メタンハイドレートの調査開発を急げ!」で紹介しました。

日本の技術力で世界を牽引することを願う記事でした。

今回は、日本が世界に先駆けてメタンハイドレートを掘削するというもの。大きな前進です。

上記の地図を見ていただければお分かりのように、日本近海には、メタンハイドレートが豊富に存在します。

北海道周辺、南海近海まで含めると、天然ガス消費量の100年分の埋蔵量が確認されています。

世界最大規模です!

掘削技術の開発、革新によって、日本は世界一の資源大国になります。

一日も早くメタンハイドレートの実用化が進むことを祈念致します。

尖閣諸島近海にはイラク並みの油田があります。竹島近辺にはメタンハイドレートが埋蔵されています。

国防問題=資源問題です。

20120215-225713.jpg
(今朝の辻立ちの様子。野田首相の奥さんの地元、船堀にて)

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ