単身女性の32%「貧困」!

本日の日経新聞で、「単身女性の32%「貧困」、男性は25% 人口問題研 20~64歳」という記事があります。毎日新聞他の新聞でも同様の記事が取り上げられていましたので、紹介します。

(転載始め)
 

単身で暮らす20~64歳の女性の3人に1人が「貧困状態」にあることが国立社会保障・人口問題研究所の分析で8日、分かった。生活の苦しい人の割合を示す「相対的貧困率」が32%だった。単身の20~64歳男性は25%で、女性の苦境が際立っている。

 同研究所の阿部彩部長は「以前から女性が労働環境で置かれている地位は低く、貧困状態も女性に偏る傾向がある」としている。

 厚生労働省の2010年の国民生活基礎調査のデータを基に同研究所が分析。相対的貧困率は国民1人当たりの可処分所得を高い順に並べ、真ん中となる人の所得額(中央値)の半分に満たない人が全体の中で占める割合を示す。10年調査では年間の可処分所得112万円未満の人が該当する。

 65歳以上の単身で暮らす女性の貧困率は47%で、やはり男性の29%よりも高かった。

 また、19歳以下の子どもがいる母子世帯の貧困率は48%だった。

 阿部部長は「最近は若い男性にも貧困が浸透しており、若年層に向けた国の雇用対策が課題となる」としている。〔共同〕

(転載終わり)

収入から家賃をひいた生活費が9万円を切る人を「貧困層」と言います。生活保護を受けている人が家賃を引いて8.8万円ですので、生活保護者を下回ることになります。

一人暮らしでは厳しい生活費。

独身時代に上京して貧さに耐えながら夢に向かって努力することは悪いことではありません。

ただ、60を越えて一人暮らしで生活に困るのであれば、もう一度家族の絆を見直すような政策も必要なのではないかと感じます。

例えば、両親と暮らして親の面倒を見ている家族は所得税を思い切って安くしてしまうのはどうでしょうか。家族で暮らして健康を維持している方には、健康奨励金を支給して、より一層健康にしいないていていただく。

財源は?と、聞かれそうですが、病気社会でかさむ医療費が減少する方向になるはずです。

「家族の絆」と「健康促進」を見据えて社会制度そのものを見直していくことで、経済も人生も豊かになるのではないでしょうか。

智慧と工夫時代です。

幸福実現党 小島一郎

20120209-000451.jpg
兵庫太子支部に行ってきました。最後まで残ってくださったみなさん。地元で採れたての甘~い大根をいただきました(^^)

コメントをどうぞ