野田増税を許すな!

20120201-221541.jpg

今朝、新小岩駅で辻立ちをしました。定期的な辻立ちです。どうしても、皆さんに聞いていただきたいことがあります。

1月28日に東京、名古屋、大阪の3都市で総数4,700人で、「野田首相即刻退陣!増税反対デモ」を行いました。

確実に、野田政権に食い込む刃になっていると思います。

財務省と政府は私たち国民に対して隠蔽していることがあります。

1997年に消費税を3%から5%に上げたときに、深刻な不況をまねきました。リストラ、倒産が相次ぎ、自殺者が前年対比1万人近く増えました。経済苦による自殺です。

さらに、増税による不況は各家庭の所得を減らし続けました。

13年間で平均所得が130万円も下がりました。

平均所得です。

しかも、税収は増えたのか?

激減です。

90年代前半に60兆円あった税収は、今や40兆円へと減らしました。

経済政策による失敗を隠蔽して、国民の懐に手を突っ込み、またもや増税しようとしている野田政権。

皆さんどう思いますか?!

増税によって以上のような様々な苦しみを国民に与えた事実を隠蔽して、野田首相はまたもや大増税を国民に押し付けようとしています。

財務省はマスコミをも取り込んで、増税に反対する論調を載せないように圧力をかけています。

こんな言論統制が日本であっていいのでしょうか。

国民の皆さんは、黙っていていいのでしょうか。

子供たちの未来を貧しいものにしてもいいのでしょうか。

私は、子供たちの未来を貧乏で苦しいものに貶める、野田首相の増税政策は絶対に許せません。

おかしいものは、おかしい!

誰かが声を上げ、行動しなければ、未来は非常に厳しいものになってしまいます。

増税について聞けば、60%の人々が反対しています。

消費税を上げられたら、生活が苦しくなるなあと感じている方は、ほぼ全員です。

東日本大震災で苦しんでいる国民から増税するなど言語道断です。

皆さん、おかしいものはおかしいと、声を上げましょう。勇気を持って一歩を踏み出しましょう。

私は断固、増税には反対します。

幸福実現党 小島一郎

20120201-221621.jpg

コメントをどうぞ