1位は台湾、最下位は韓国。「震災後の信頼度」&「震災募金」

NTTのデータスミスによる「震災後の信頼度」(9月3日Yahooニュース)について、今日深い記事がありましたので紹介します。

自衛隊の信頼度は上昇、政府の信頼度は低下。

感謝したい外国は、米国・台湾が上位でした。

セブンイレブン(海外店舗)への震災募金は、1位が台湾(約3億368万円)、最下位が韓国(74万円)でした。

(転載始め)

NTTデータスミスは、東日本大震災の発生から3ヵ月後の2011年6月24日~28日に、自社インターネット パネルモニター(sMoni:エスモニ)を使用し、「東日本大震災後の生活者の意識調査」を実施した。

全国の20~69才の男女、計1000人が調査対象で、質問は複数回答式である。

震災発生後、政府、機関など様々な組織や個人の中で、信頼度が最も高かったのは72%の「自衛隊」

昨年9月に行った同様の質問結果と比較すると、「自衛隊」「日本国民全般」については信頼度が大幅に上昇し、「日本国政府」については低下が認められた。

震災後の対応・支援について、「好感がもてる」と評価が高かったのは「自衛隊」が83%、「芸能人、スポーツ選手などの著名人」が64%、「国内の企業」61%、「NGO、NPOなどのボランティア団体」60%の順。

逆に「東京電力」「国・政府」の対応・支援については、「好感がもてない」と回答した人が8割強を記録した。

震災後の諸外国の対応に対し感謝したい国では、51%が「アメリカ合衆国」、41%が「台湾」と答えた。

次いで「フランス」「韓国」「ニュージーランド」が約25%を記録した。

このほか数十ヵ国が支援・援助に感謝したい国として挙げられている。

一方、世界11カ国に店舗を展開するセブンイレブンは6月13日、各国における東日本大震災の義援金を発表した。

1位は台湾の約3億368万円(4753店舗)、2位はアメリカ・カナダの約6534万円(6636店舗)、3位がタイの約1600万円(5962店舗)。

次に香港約1188万円(949店舗)、シンガポール約1127万円(550店舗)と続いた。

韓国は74万円(3404店舗)で最下位だった。

実質的に救助活動などを行った自衛隊や米国軍の姿は、メディアを通じて多くの人々の心に残った。

また、セブンイレブンの募金の結果でも明らかなように、台湾からの募金額の大きさは、たびたび話題となっている。

今回の調査結果では、その善意が反映された結果となったようだ。

(転載終わり)

精力的な救援活動が多くの国民の目に触れることによって、自衛隊、米軍への好感度が増したことは、今後の国防を考える上でプラスだと思います。

そして、アジアの外交・国防において大切なのが、アメリカ、台湾、韓国、そして中国です。

好感度、義援金共に親日的で協力的な台湾に対しては、日本政府として大切にしているといことを、今後態度で示していく必要があります。

感謝を示したい国としてフランスとニュージーランドと並んで高い数値となった韓国ですが、震災への義援金は最下位でした。

考えさせられました。(ちょっと残念)

これ対しては、日本と韓国が分断されて喜ぶのは中国・北朝鮮打ということを肝に銘じて、

感情的な面は脇に置いてでも、アジアの安全保障面で軍事的な協力体制をアメリカ・台湾と共に築いていくことを、日本政府としては考えていくべきでしょう。

国家のかじ取りは、リアルな現実を見て手を打たなければなりません。

幸福実現党 小島一郎


茶話会(9月4日)前、伊賀・名張の皆さんとパシャ。ありがとうございましたぁ。

コメントをどうぞ