GOOD NEWS!!「愛媛県の3市町で育鵬社の歴史・公民教科書を採択!」

野田佳彦首相が誕生しました。そして、民主党幹事長に日教組のドン、輿石東議員が指名されています。

そのような中で朗報があります。

愛媛県の3市町(今治市、四国中央市、上島町)で育鵬社の教科書が採択されました。

8月30日の産経新聞記事「愛媛の3市町で育鵬社の教科書採択」を紹介したいと思います。

(転載始め)

愛媛県今治市、四国中央市、上島町の教育委員会は8月30日、市町立中で来春から使用する歴史と公民の教科書として、教科書改善の会(屋山太郎代表世話人)のメンバーが執筆した育鵬社の教科書をそれぞれ採択した。

育鵬社の教科書は平成14年度から発行されている扶桑社の歴史・公民教科書を継承。

愛媛県では県教委が既に県立中高一貫校全3校と特別支援学校用として育鵬社を採択している。

今治市と上島町は現在、今治採択地区として扶桑社教科書を使用しているが、今回から市町単独採択となり、それぞれが育鵬社を選んだ。

四国中央市は扶桑社時代を含めて初採択。

育鵬社の教科書は横浜市、大阪府東大阪市、神奈川県藤沢市、東京都大田区など各地で採択が相次いでいる。

今年度の教科書採択期限は31日。

(転載終わり)

下の地図は、8月30日現在、育鵬社の歴史・公民教科書を採択した市町村や学校を表示しています。

ブログ「藤沢市教科書採択の現場。その時歴史は動いた! 」(7月28日)よりも

格段に増えているのが嬉しいですね。

左翼勢力の妨害に合いながらも、正しいものは正しいと、着々と育鵬社の歴史・公民教科書を広げていきたいものです。

幸福実現党 小島一郎


戸別訪問の後、西葛西清新町のMさん宅に集合。素敵な集いになりました。感謝!

コメントをどうぞ