よくある質問)なぜ、宗教が政治をするの?

沖縄県知事選で活動を共にした星くんが党本部に訪ねてくれ、再会。

東京16区(江戸川区小岩以外)で活動中の小島一郎です。

今日は、よくある質問に答えたいと思います。

質問)なぜ、宗教が政治をするのですか?怖いのですが。

この質問は潜在的なものも入れると、新しくお会いする人はほぼ全員が持っている質問ですね。

「政策はいいのに、政党があやしい」

「政策いいが、宗教がバックにあるから入れない」

など、「宗教」という「見えない壁」が、お互いの間に大きく立ちはだかっています。

私も大学の時は、物理を専攻していて科学万能主義だったので、

宗教アレルギー、宗教嫌いでした。

さらに、政治家も金まみれで嫌でした。

政治不信と宗教嫌いが私でした。

しかし、「なぜ、人は生まれてくるのか」「生きる意味は何か」「死んだらどうなるのか」

という、素朴な疑問を求めて本を読み漁り、幸福の科学に出会いました。

人間の存在は永遠の魂が本質で、魂修行をするために両親を選んで地上に生まれてくる。

永遠の生命を持って、国を超えて転生輪廻しながら魂修行をしている。

そのような、人生の意味を信じ、信仰の道に入りました。人間として普通の当たり前のことです。

宗教をあやしいものと見ているのは、日本だけです。

海外では、宗教は当たり前。人としての基本が宗教。

生き方、人生観、民族そのものだから。

宗教をしっかりと持っているということは、神様を信じているということ。

常に神様が見ていると思えると、嘘が受けなくなる。

正直に生き、正しく生き、大義に生きる。

人のために生きる。

宗教をしっかり持っている人間は嘘が受けないということ。

心を見つめ、正直に人生を生きる者が、政治の道を志し、責任を果たす。

政治にヘキヘキとする、政治不信の時代には、

嘘のつけない、宗教政治家が求められているはずです。

自分の保身に凝り固まって、逃げ回る政治家たちを、もう黙って見ていられません。

新しい、21世紀のスタンダードだと思っています。

幸福実現党は、正直者で愚直な人間の集まりです。

「最初は怖かったけど、接しているうちに普通の人だと分かった。政策はバツグンですね!先入観で決めるのは良くないですね!」

と言うようなことをよく言われます。

何度も会えば、必ず見方が変わっていきます。

「偏見の壁」を破るのは、正直に会い続けて、理解していただくことだと思っています。

日本の未来は明るいを信じ、

有権者の皆さんは必ず分かってくださると信じて、

幸福実現党の政策と真心を訴え続けていきます。

小島一郎

コメント “よくある質問)なぜ、宗教が政治をするの?”

  1. LEMON

    私も宗教嫌いで、宗教法人になった時はショックでしたが、教えにひかれて続けてこれました。
    今は、続けていて本当によかったと思います。
    生と死の意味が解った事が一番の自分の安心感になっています。

    小島さんのように、日本の未来を真剣に考える方に、政治家になってほしいです。
    結果にとらわれずに、挑戦し続けてくださいね!

    返信

コメントをどうぞ