『間抜けの構造』(ビートたけし著)

面白かったので、簡単に紹介します。

ビートたけしさんの『間抜けの構造』です。

「間の研究」の本です。

日本は「間」を大事にする文化があり、間がないことを「間抜け」と言います。

政治家で魔のない人は誰か。

落語、芸能人、司会の「間」とは何か。

司会でも、ディベートでも「間とは呼吸」だ。と、書かれていて、大変勉強になりました。

話す時はいつ息を吸うか、タイミングが大事。

議論で話を入れる時は、相手が息を吸った「間」を読む。

奥が深いですね。

楽しく勉強させてもらいました。

それが、ビートたけしさん独特の言い回しで、面白く書かれています。

下積み時代のエピソードもまた励みになります。

思わず笑ってしまいます。

野球の間、サッカーの間、剣術の間、相撲の間、更には、人生の間、、、。

人前で話をする人は、読んで損のない一冊です。

Be Positive!
幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ