自民党の良心。

昨日ですが、自民党の高村正彦副総裁の朝食勉強会に参加させていただきました。

新宿のホテルで7:30からスタートで200人以上の方が参加してました。

私はは日本酒の会の関係でご縁をいただいて、2回目の参加でした。

高村副総裁は、自民党の良心とも言われる方です。

「一本筋の通った、正直で誠実なリアリストな人」と思いました。

尊敬できる方です。

『国家の矛盾』 (新潮新書)で詳しく書かれていますが、集団的自衛権の安保法制を通す際の舞台裏を含めた話は、勉強になりました。

安保法制の舞台裏を扱った『国家の矛盾』 (新潮新書)は、お勧めです。

リアルに現実を見ながら、誰もが納得できる考え方を提示し、20回でも30回でも繰り返し勉強会を開き、説得していく誠実な姿勢は勉強になります。

共謀罪採決直後のセミナーでしたので、中心テーマの一つでした。

私とは主張は違いますが、説得力ある話に引き込まれました。

最後、質疑応答で都議選についてアドバイスを求められると、駅伝で優勝した監督の言葉を引いてのアドバイスが良かった。

駅伝は、「その1秒を削り出せ」

選挙は、「その一票を削り出せ」、そのような気持ちで必死に動けば、風を作れます。

印象に残る言葉でした。

感謝です。

Be Positive!
幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ