ニュースで話題の核シェルター。

私の尊敬する先輩で、友人のアンカーハウジング社長、吉山和實社長は、アメリカンハウスに加えて、アメリカから核シェルターの輸入も手掛けています。


(熊谷のセミナーの時の写真)

5月末にはニュース23にも取り上げられて、話題です。

⇒ https://youtu.be/UC-Axc2YewE

吉山社長には、問い合わせが鳴りやまない状況です。

昨日、アンカー・シェルターのホームページができたと、連絡がありました。

アンカー・シェルターは3種類あります。

HPはコチラ⇒https://www.kaku-shelter.net/

日本の核シェルターの普及率は、0.02%です。先進国では最下位。

北朝鮮の核ミサイルの危機に曝されている今、日本に核シェルターを普及していくことは緊急の課題です。

憲法9条によって国民は守れず、ミサイルが飛んできてもシェルターすらない日本の現状を考えると、強い憤りを感じずにはいられません。

スイスのように、日本も核シェルター普及率100%を目指すべきです。

憲法9条改正による国防も急がなくてはなりませんがが、いざ、日本にミサイルが飛んできても命が守れるだけの安全な国にしなくてはいけません。

シェルターがあれば、地震や津波、竜巻に対しても安全です。

Be Positive!
幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ