中小企業のマイナンバーは1.3%って?

マイナンバー制度について、TVで報道される機会が増えてきました。

早速、詐欺事件も起き始めています。

本当に大丈夫なのか?

心配な方は多くなる一方です。

気になるのは、セキュリティ対策。

中小企業のマイナンバーの準備「完了」は1.3%(ソリマチ調査より)。

「まだ何も着手していない」が50%。

sori1
(マイナンバー制度への対応状況〔ソリマチ調査〕)

特に、中小企業においては、対策費用にかなりのコストがかかるため、重い負担となっているようです。

企業の規模別では、規模が大きくなるほど、対策は進んでいます。

sori2
(ソリマチ調査より)

日本の99.7%は中小企業です。

ムリなセキュリティを押し付けて、一生涯普遍のナンバーを押し付ける。

リスクは増え続ける。

こんなシステムがスタートしてしまいました。

韓国では、落ちていたマイナンバーを盗み、その人間(Aさん)が犯罪を犯し、落ちていた(Bさんの)マイナンバーをなりすまして記入。

その後、30回に及ぶ犯罪を繰り返します。

その都度逮捕され、取り調べられたのは、実際には犯罪を犯していないBさん。

逮捕歴がBさんのマイナンバーに記録され、その後、30年間就職できなかったという、悲劇もあるようです。

故意的にマイナンバーを漏洩すれば、重い罰則規定がありますが、管理をしても漏れるのが情報。

そして、一度漏れれば、生涯悪用される可能性のあるマイナンバー。

マイナンバーは絶対に止めるべきです。

そのためには、私たち国民が真実を知り、声を上げることです。

IMG_1528
神戸の海軍操練所跡にて。坂本龍馬が日本の国防と未来の繁栄を夢見て、ガムシャラに過ごした操練所。その志を引き継ぎたいです。
IMG_1532
13年前に支部長を務めた神戸西支部にて。みんなで志を新たにしました。爆笑の中で。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ