涙が流れる理由。

本日、学生時代からお世話になった、Hさんの通夜に参加しました。浦和で執り行われました。

亡くなる前日までお元気で、亡くなる当日も仕事に行く予定だったそうです。

魂は永遠で、亡くなった後には来世での生活がある。

分かっていても、Hさんの遺影を前にして、健やかで今にも目を開けそうなお顔を拝見した時、学生時代にお世話になったことや、様々Hさんの姿が瞼の裏に蘇り、涙が幾度も流れました。

何の涙なのでしょう?

なぜ、こんなに泣けるのでしょう。

いろいろな気持ちが混ざっているようです。

帰りの電車の中でも、乗り換えの時も、今もまた涙が流れます。

こんなことは初めてです。

Hさんへの感謝と、ご恩返しができなかった悔しさでしょうか。サッパリした気持ちもあります。

でも、涙が、、、。

Hさんの御冥福をお祈りしながら、決意を新たにしたいと思います。

明日はセミナー。頑張ります。

お越しになる皆様に感謝を捧げ、明るい未来を分かち合いたいです。

あー、また涙が流れる。

IMG_1343.JPG

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ