どうする?マイナンバーの登録申請が届き始めた。

どこに行ってもマイナンバー制度について聞かれます。

本日は10月1日。

5日には、各家庭にナンバー通知が届きます。

その前に、「マイナンバー通知が届いたら、家族の番号も含めて提出を求める」通知が、お勤めしている企業などから届き始めています。

事業体は、源泉徴収票、健康保険の提出などに扶養家族も含めたマイナンバーを記載することが必要(義務)になっているといいます。

ビックリです。

最初は、任意でスタートと言いつつ、これでは、ほぼ強制ではないか!と感じるのが率直な肌感覚ではないでしょうか?

先日のブログ(→コチラ)で紹介したように、2018年、任意ながらも、金融機関での新規口座へのマイナンバー登録、民間分野(住宅ローン、個人の保険商品等)への拡大、医療情報の共有など医療分野への拡大となります。

預貯金・資産、病歴など、プライベートな情報を国家が一括管理する準備が整い、2021年、マイナンバーは義務化される予定です。

今から半強制では、先が思いやられます。

役所では、マイナンバーテストやマイナンバーの講習会まで行い徹底しています。テストは、満点を取れるまで繰り返されます。

ちょっと怖いです。

私のところにナンバー申請の通知が来た場合、、、、。

今のところは社会保障と税、災害対策の分野に限られるとは言われていますが、よーく考えたいと思います。

先々を知れば知るほど、怖さがあります。

マイナンバーの範囲が拡大される2018年までには、拡大を阻止して、リスクだらけのマイナンバーはストップしたいです。

いよいよ、今週10月3日(土)ラフレさいたまにて、釈量子党首と共に講演を行います。

釈党首は、「太陽の昇る国ー日本の誇りを取り戻す」私は「いい国ニッポン!幸福実現党の目指すもの」と題してお話しする予定です。

松田延身ドクターによる「医療者から見た日本の問題とあるべき姿」は、医療と政治という、誰もが気になる、魅力的なテーマです。

フルート演奏や声楽も楽しみです。

ぜひ、お誘い合わせの上、お越しください。

IMG_1343.JPG

昨日は、朝霞志木支部で活動しました。たくさんの出会いを有難うございました。

本日は、浦和支部で「坂本龍馬・幸福維新実現研修」でした。感動でした。(別の機会にご紹介したいです)

3W

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ