STOP!「最強闇法案セミナー」の反響。

埼玉県草加市で「STOP!最強闇法案セミナー」「マイナンバー制度」についての勉強会を開催しました。

このブログでも、最強闇法案「マイナンバー制度」は大反響でしたが、セミナーでも参加した皆さんは衝撃だったようです。

「マイナンバーについては、何となく知っていて、良くないものだとは思っていたけれど、実際にちゃんと知ると、恐怖の法案で、絶対に実現させてはならないと思った」

「(マイナンバーが義務化されると)共産主義国家よりも怖い社会になる。戦慄だ」

「正直言って(マイナンバーについて)驚いている。かなり大きな敵だと思うが、これを変えていこうというのならば、ついていく。」

「署名活動を行って、全国に呼びかけるべき」

「分かりやすいチラシを作って、身近な人にも呼びかけていきたい」

「チラシには具体的な事例を、イラスト入りで作ってほしい」

こんなことは、ほとんどの人は知らない。国民に本当のことを言わずに、コッソリと進めている。理解すれば、分かってくれるはず」

中には、「努力が報われる社会を作るために、脱税している人から公平に納税させるのだから、マイナンバーはいいのではないか」と言う意見も

一般サラリーマン目線のご意見として、貴重です。

努力が報われる社会を作ることは、その通りです。しかし、そのために、真面目て働いている人間の個人情報を全て国家が把握して、情報漏洩のリスクに晒されることが正義と言うわけではありません。「手段の正当性」は大切です。

様々な意見や提案をいただきました。

一人一人が真剣、深刻に受け止めている姿を見て、行ける!と、思いました。

国民運動、社会運動として、進めていける確かな手応えを得ることができました。

本日、久々に参加したOさん。

元S学会で、毎日、読経もしていた方。ある日、幸福の科学の布教誌が自宅のポストに。

それを読むと、「幸福の科学の『正心法語』は、般若心経の1万倍の功徳」と書かれているのを読んで、直ぐに幸福の科学の信者になりました。

御本尊を拝受し、朝晩の祈りも欠かしません。しっかりした信仰心です。

S会で活動していたOさんの言葉が印象的でした。

「選挙は勝負。勝たなければ意味がない。負ける戦いならやるな。やるからには勝ってください」

幸福実現党がなかなか勝てないので、政治活動から離れていたOさん。

復活の兆し。今後が楽しみです。

最強闇法案「マイナンバー制度」については、→こちらをクリックください。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ